愛知県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 愛知県の対応地域

愛知県 対応地域

  • 名古屋市
  • 豊橋市
  • 岡崎市
  • 一宮市
  • 瀬戸市
  • 半田市
  • 春日井市
  • 豊川市
  • 津島市
  • 碧南市
  • 刈谷市
  • 豊田市
  • 安城市
  • 西尾市
  • 蒲郡市
  • 犬山市
  • 常滑市
  • 江南市
  • 小牧市
  • 稲沢市
  • 新城市
  • 東海市
  • 大府市
  • 知多市
  • 知立市
  • 尾張旭市
  • 高浜市
  • 岩倉市
  • 豊明市
  • 日進市
  • 田原市
  • 愛西市
  • 清須市
  • 北名古屋市
  • 弥富市
  • みよし市
  • あま市
  • 長久手市
  • 東郷町
  • 豊山町
  • 大口町
  • 扶桑町
  • 大治町
  • 蟹江町
  • 飛島村
  • 阿久比町
  • 東浦町
  • 南知多町
  • 美浜町
  • 武豊町
  • 幸田町
  • 設楽町
  • 東栄町
  • 豊根村
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594


愛知県 葬儀・お葬式の特徴

読経を省略!?
愛知県独特の習慣として残っているものですが、尾張一宮地方では、通夜に僧侶の読経を省略して、親戚や近所の人など、 同じ信仰を持つ同行衆と呼ばれる人たちが集まって、念仏を唱えるという「念仏づれ」という光景が見られます。 巨大な数珠を参列者の間で回す百万遍という風習も多く見られる儀式です。また、葬儀の際には、他地域では読経は葬儀と告別式の2回が多いですが、愛知県では3回行われます。 これは火葬場での「灰葬の経」をこの時にすませるもので、これも独特ですね。

お淋し見舞いとは?
愛知県では、通夜の際、香典のほかに「お淋し見舞い」を渡す習慣があります。遺族にお寿司、饅頭、お菓子、お酒、缶詰などを渡すのです。 遺族はお通夜の後、故人が淋しくないように付き添って語り明かす際に、いただいたおさびし見舞いを食べながら過ごし、残った場合は皆に配ります。 お淋し見舞いをいただいた人には、香典返しの品物は通常より多くお返しします。 また、地域によっては、お淋し見舞いを、持ち寄った人も含めて皆でいただくところもあります。

不浄除けをします。
渥美半島には仏壇や神棚に「天」と書いた半紙を貼り、不浄除けをする風習があります。

喪主が白装束になります
名古屋市周辺の瀬戸・一宮では、喪主が白装束を着ける習慣が残っています。それも裃(かみしも)を着用します。 出棺の際には白い三角の布、もしくは白い紙を頭に巻いて立ち会う風習があります。 仏教では宝冠と呼ばれていますが、これは死装束の一部で、故人と同じ格好をするということで、三途の川を渡るところまでは、私たちも一緒に行って見送りますという意味があります。

精進落としに涙汁とは?
愛知県の尾張地方では、精進落しの席で近親者は精進料理を食べますが、このときに、胡椒汁や唐辛子汁が出されることがあります。 これは「涙汁」とも言われ、大変な辛さから涙を流すという意味合いと、辛さによってお葬式の疲れをとるための意味があるようです。

茶碗を割って出棺
出棺にさいして茶碗を割る習慣がある地域もあります。

後火葬です。
葬儀の後に火葬します。その日に初七日法要が行なわれます。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved