秋田県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 秋田県の対応地域

秋田県 対応地域

  • 秋田市
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594

秋田県のご葬儀体験談はこちら

秋田県 葬儀・お葬式の特徴

「納棺の儀」に重きを置いている秋田県。
納棺とは故人があの世へと旅立つ大切な準備であり、またご遺族の方にとっては故人の死を受け止めるため大切な儀式の一つです。 秋田県では納棺の前に故人を清める「湯かんの儀」を自宅で行うことが一般的です。 湯灌(ゆかん)の儀式とは、亡くなられた方が、来世に導かれるために現世の汚れを洗い清めると云う意味と、 赤ちゃんが生まれたとき、産湯につかるように、新たに来世に生まれ変わるためにと云う願いをこめています。 納棺の時、ローソク1本、線香1束、マッチ1箱、米などを入れる風習があります。 枕飾りとして、仏具や枕団子、一膳飯のほかに「死華花(しかばな・四華花とも書く、紙でできた造花)」を故人を安置した脇に飾ります。

火葬をしてから通夜へ。
火葬は通夜の前に行うのが一般的ですが、本庄地方では、通夜→納棺→火葬→葬儀の順になります。 どちらも葬儀の前に火葬をする「前火葬」です。

通夜は地味に
秋田県の通夜は近親者のみで行われます。

焼香盆に小銭を
秋田県ではほぼ県全域で「焼香の際に焼香盆に小銭を置く」という風習が定着しています。 もちろんこれは香典とは別のお金です。10円とか100円といった本当に少額の小銭を置くわけです。 これは「あの世に行く途中、あれこれと細かいこづかい銭も必要だろうから」という心遣いによるもののようです。

本庄地方の風習とは
本庄地方では、業者が祭壇飾りをしないで、通常の雛壇を使って祭壇をつくります。また、この地方の装具は木工品が多くつかわれます。飯台に塩を乗せておくこともあります。

「ゆどき」とは?
お葬式を終えた家に近隣の人々が集まり遺族をねぎらう風習があります。これを「ゆどき」といいます。 「念仏講」や「観音講」という地域組織に属している年配の女性が集まってきて、歌を詠うことがあります。 この歌は「御詠歌」といわれ仏教の教えを五・七・五・七・七の和歌にしてある歌です。 流派もいろいろあり、仏具の鈴(れい)や、雅楽で使う金属の打楽器・鉦鼓(しょうこ)を用いて、唱和する歌もあります。 また、このとき大きな長い数珠を皆で一緒に繰りながら念仏を唱える「百万遍」の儀式を行うこともあります。

葬儀全般を取り仕切る近隣組織
秋田市内南部では葬儀全般を近隣組織が取り仕切っています。地域の重要な仕事と捉えられていて、会社の仕事よりも葬儀を優先するのが当然と考えられている地域もあります。

納骨は葬儀と同じ日に
地域によって葬儀終了間際に、会葬者の前で遺骨の「収骨」が行なわれる所があります。葬儀あと初七日法要が営まれ、そのあと遺族は遺骨と卒塔婆をもって墓地に向かいます。 そして納骨を行ないます。

秋田県でのご葬儀体験談


体験した時期 1982年頃
地域 秋田県仙北市田沢湖
体験者情報 30代女性
体験内容 葬式の後に近所の人が集まって輪になり、8畳の部屋いっぱいの大きさの数珠をみんなで持って手から手へと回していきます。 一つだけ色の違う玉があり、それを目印に回した数を数えます。 108回まわすまで続けるそうです。 葬式の後に「口寄せ」と呼ばれている人が来て、故人の代わりに身内へ言いたいことを代わりに話していきました。 「水に気をつけろ」など未来のことを言われた人もいれば、感謝の気持ちを言われた人もいました。 中には「性格が悪くてだめだ」とショックなことを言われた身内もいました。

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved