青森県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 青森県の対応地域

青森県 対応地域

  • 八戸市
  • 十和田市
  • 六戸町
  • 五戸町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594

青森県のご葬儀体験談はこちら

青森県 葬儀・お葬式の特徴

門に飾る×印は忌中のしるし
青森県では、「もがり」と言う忌中のしるしを門に飾る風習があります。 これはお葬式を出す家で、長さ1.5mほどの木の棒を2本クロスさせて、×印にしたものを門に飾る事を言います。

葬儀は4日もかかります
青森県では、まず遺体を納棺すると、身内だけで「仮通夜」を行います。この後火葬して、あらためて通夜を行い、その後葬式、納骨という流れになっています。 この間なんと4日間もかかるという長い葬儀です。

通夜の前に火葬を行う「前火葬」の習慣があります
この風習は青森県では雪深い地域だからと考えられています。皆が集まることができるまでとりあえず火葬までを行っておくためということです。 またひとつの説として昔のお殿様が真夏に亡くなったことがあり、葬儀の準備期間中に遺体が傷まないようにと、先に火葬したことがあったそうです。 そのお殿様の方法にならって、通夜の前に火葬するのが正しいとされるようになったとも言われています。

通夜、葬儀は寺院などで行ないます
火葬を終えたら骨箱をもって自宅に戻り、その日の夜には通夜又は仮通夜が営まれます。 県内の多くが、寺や公民館を利用して通夜・葬儀が行れます。自宅でおこなう方は1割くらいです。 通夜が終わると遺骨、位牌や遺影を一旦家に持ち帰り、翌日の葬儀に改めて斎場に運びます。そして「いっぱい飯」と団子をも一緒に祭壇に安置します。 また、香典返しを通夜あるいは葬儀当日に行ってしまう場合が多いです。

葬儀終了後はただちに墓地に行き、埋葬します
その際、墓まで葬列を組むこともあります。そして馬簾・死花を墓の周りに飾ります。 骨壷や骨箱に納めた遺骨は、容器に入ったまま納骨されるのが一般的ですが、青森県の多くの地域が、納骨の際に遺骨を容器から出し、そのままの状態で納骨するという独特の方法でおこなわれます。

埋葬が終わったら
墓地から帰宅すると初七日の法要を行ない、精進落としを行ないます。 またその日のうちに、四十九日より百ヶ日までの取り越し法要(所によっては埋葬と法要が逆の場合もあります)が行われることがあります。

遺族をねぎらう風習があります
青森県内の一部の地域では、「ゆどき」という、お葬式を終えた家に近隣の人々が集まり、遺族をねぎらう風習が見られます。 遺族の方々が墓地に出向いている間、手伝いの人は法要後のお斎(とき)の準備をしたり、葬式会場に供えられた供花・供物を自宅に運ぴます。

忌明けはいつ?
青森市では三七日、八戸市では五七日に行なうのが一般化しています。

青森県でのご葬儀体験談


体験した時期 2005年頃
地域 青森県青森市栄町/八戸市
体験者情報 40代女性
体験内容 青森市内は、身内以外の方がお通夜とお葬式どちらに参列してもOKです。 同じ青森県内であっても、八戸市内はお通夜はだいたい身内のみ、一般の方は翌日のお葬式に参列するのが普通です。 平日の日中は仕事がある人が多いので、夜に始まるお通夜に来る人がの方が青森市内は多数。 青森県内は津軽地方(青森や弘前方面)と南部地方(八戸太平洋側方面)で、様々な風習や文化も異なるのです。



体験した時期 1965年から2011年11月頃
地域 青森県十和田市
体験者情報 40代男性
体験内容 青森県十和田市ではお盆の墓参りにお寺の墓石に線香・蝋燭・お花をあげますが、お供え物も持っていきます。 故人の生前の好物をいれたお重、果物、お菓子なども墓前にお供えし、みんな手を合わせて拝んだ後、お供え物をその場で食べます。 これを青森以外の人に言えばドン引きされました。

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved