福井県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 福井県の対応地域

福井県 対応地域

  • 福井市
  • 鯖江市
  • あわら市
  • 越前市
  • 坂井市
  • 永平寺町
  • 池田町
  • 南越前町
  • 越前町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594

福井県のご葬儀体験談はこちら

福井県 葬儀・お葬式の特徴

米をまき、茶碗を割って出棺する風習があります。
福井県は大きく分けて嶺北地方では浄土真宗が中心で嶺南地方では禅宗が中心となっています。 禅宗の多い嶺南地方では、出棺時に棺に向かってお米をまいたり、故人の使っていた茶碗を割ったりすることがあります。 また、藁を焚き現世からあの世への道筋を作るための送り火を行ったりもします。また喪主は白のかみしもを着ています。

納棺のときに剃刀、はさみをいれて湯灌の代わりとします。
以前は湯灌の時に男は髭を剃り落とし、女は髪を短く切っていましたが、今は女性の髪型を変えて短く切ってしまうということに対してためらいがあるので、 男性なら剃刀を、女性ならはさみを納棺の際に一緒に入れて、湯灌の行為の代わりとする地域も増えてきています。

僧侶数名で葬儀に出向くきます。
福井県では、葬儀には多くの僧侶が出向いて読経をするのが特徴であり、5~8人という場合もあります。

「御詠歌」を詠います。
福井県の葬儀では「念仏講」や「観音講」という地域組織に属している年配の女性が集まって「御詠歌」という歌を詠うことがあります。 この歌は仏教の教えを五・七・五・七・七の和歌にしたもので、仏具の鈴や、雅楽で使う金属の打楽器を用いることもあります。 最近ではなかなか見ることが珍しくなっていますが、寺院で葬儀を行う場合などでは今でも行われているようです。

お葬式で赤飯が出されることがあります。
福井県の沿岸部などでは、長寿を全うして大往生された故人のお葬式で、お赤飯が出されることがあります。 天寿を全うされて、安らかに旅立った故人の人生をお祝いするという意味が込められているといいます。 また、災いを福に転じさせるという「縁起直し」の意味合いで、お葬式にお赤飯を食べるという説もあります。

福井市の葬儀の場所は?
福井市では通夜・葬儀会場は寺院で行なわれることが多いです。火葬場には位牌、遺影の他、死花を持参します。また香典はその場返しが多いです。

市営で葬儀!?
葬儀を市営でする都市もあります。

福井県でのご葬儀体験談


体験した時期 2013年1月頃
地域 福井県鯖江市
体験者情報 30代女性
体験内容 私は東京出身で親族も関東周辺に住んでいます。 夫の親戚が亡くなり福井県のお葬式に初めて参加したのですが、供花とは別に籠に山盛りのお菓子や果物の御供物がありました。 こういうのは私の実家の方では見たことがないなと思っていましたが、葬儀が終了した後にそれらを全部ばらして分け、参列者に配られました。 引き物は別に用意されているので、両手に一杯の荷物になり驚きました。

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved