福岡県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 福岡県の対応地域

福岡県 対応地域

  • 北九州市
  • 福岡市
  • 大牟田市
  • 直方市
  • 豊前市
  • 中間市
  • 筑紫野市
  • 春日市
  • 大野城市
  • 太宰府市
  • 古賀市
  • 宮若市
  • 糸島市
  • 那珂川町
  • 宇美町
  • 篠栗町
  • 志免町
  • 須恵町
  • 新宮町
  • 久山町
  • 粕屋町
  • 芦屋町
  • 水巻町
  • 岡垣町
  • 遠賀町
  • 鞍手町
  • 吉富町
  • 上毛町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594


福岡県 葬儀・お葬式の特徴

読経中には焼香をしない宗派もある。
大分県よりの地域では、大分県と同じように、葬儀・火葬を午前中に施行する傾向が強いです。 また、東南部には、火葬が先に行われ、自宅か寺院で骨葬が営まれる例もあります。通夜では、僧侶の読経中に焼香するケースが多く見られます。 焼香には、立礼の焼香、座礼の焼香があります。式場が狭い場合には、香と香炉を盆にのせて回し焼香を行います。 焼香回数は宗派によって違いますが、福岡では、通夜の読経中には焼香をしない宗派もあるようです。 そうした宗派で喪家の希望がある場合は、読経の後、僧侶が退席してから焼香を行います。

通夜見舞いの持ち物。
全般に自宅での葬儀が多いようです。 福岡県では、「通夜振舞い」に招かれた場合、「通夜見舞い」と呼ばれるお菓子や酒、缶詰など、主に食べ物や飲み物などを持参するのが一般的です。 招かれる側が食べ物や飲み物を持ち寄ることで、遺族の負担を少しでも減らしたいという心遣いがかたちになったしきたりでしょう。 遺族はお通夜の後、故人が淋しくないように語り明かす際、いただいた通夜見舞いを食べながら過ごします。

収骨容器に納める事を「骨上げ」。
福岡県の小都市では、遺骨の全体の3分の1程度を各部位から集めて骨壺に収める方式もあります。 ご遺骨をご収骨容器に納める事を「骨上げ」といい、一人ずつ交代で箸を持ち、二人一組となりまして一つの骨片を挟んでご収骨容器に収めます。

お別れの棺のふたを釘で打つ「釘打ちの儀」
「最期のお別れ」「別れ花」が終わった後、棺のふたを釘で打つ「釘打ちの儀」を行います。 これは、喪主や遺族、近親者が小石で棺のふたに釘を二度打ちつける儀式です。 小石は三途の川の石を意味していて、三途の川を無事に渡れるようにとの思いを込め行うものです。 ですから、かなづちや木槌は使われません。釘うちは形式的に軽く釘を打ちます。

三度回しは現世での罪をなくすための修行!?
出棺の際に故人の愛用していた茶碗を割るしきたりが全国でありますが、福岡にも広く見られます。 これは、故人の愛用品を壊すことで、「もう帰ってくる場所はありませんよ」と教え、現世への未練を断つという意味があると言われています。 また、一部地域には、出棺の際に近親者で棺を持ち、3度ぐるぐると回すというしきたりが見られます。 これは、「三度回し」「棺回し」などと呼ばれ、棺を回すことで故人の方向感覚を無くし、家に戻ってこられないようにするためで、 迷いなくあの世へ旅立っていってほしいという願いがこめられているのではないでしょうか。 他にも「回る」という行為が、仏教の修行にも多く見られたり、お遍路さんが聖なる場所を回ったりすることから、 「回る」という儀式を行うことで現世での罪をなくすための修行を行っているとする「減罪信仰」からとも言われています。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved