群馬県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 群馬県の対応地域

群馬県 対応地域

  • 前橋市
  • 高崎市
  • 桐生市
  • 伊勢崎市
  • 太田市
  • 館林市
  • 渋川市
  • 藤岡市
  • 富岡市
  • 安中市
  • みどり市
  • 榛東村
  • 吉岡町
  • 下仁田町
  • 甘楽町
  • 東吾妻町
  • 玉村町
  • 板倉町
  • 明和町
  • 千代田町
  • 大泉町
  • 邑楽町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594


群馬県 葬儀・お葬式の特徴

忌中のしるしはさまざまあります。
群馬県では、地域によって忌中のしるしとして、門の前に位牌を先につけた竹竿を立てたり、 立ち臼の絵を描いた半紙を横にして玄関に貼るなど、さまざまなものがあります。

隣保班が葬儀のお手伝いをします。
各町内の何軒か単位で「隣保班」という班をつくり、隣近所で助け合う組織が残っています。 地方独特のしきたりは薄れてきていますが、今だに葬儀の際には重要な役割を持っています。

位牌がいくつも!?
一般的には供養をする喪主の家に位牌はひとつなのですが、群馬県には、残された子供の人数分の位牌を作り、 各々の家の仏壇に安置するという一風変わったしきたりが見られます。

納棺は紙の六文銭を入れます。
群馬県では、納棺の際、紙に印刷した六文銭などと一緒に桑の木の枝をいれることがあります。

長寿の方が亡くなったら「撒き銭」をします。
群馬県の一部には、出棺の際、遺族が参列者へ向けて半紙にくるんだ小銭を撒く風習があり、これを「撒き銭」と呼んでいます。 お金ではなく、代わりに飴などのお菓子を配るところもあります。小銭を撒くのは誰のお葬式でも良いということではなく、長寿を全うされた高齢者に限られます。 年々減ってきている風習ではありますが、大往生された方のお葬式などではいまだ見かけることができる風景です。 この撒き銭を拾って持ち帰ると、「長寿をした故人にあやかって長生きができる」とされ、縁起が良いと考えられています。 周辺の人に故人の財産からふるまう(布施をする)ということから、故人の功績に加えられると考えられており、 故人があの世で良い思いができるようにとの願いも込められているようです。

「でがの飯」を皆で食べます
農村部に多い習慣ですが、告別式が終わった後、「でがの飯」もしくは「でわの飯」と呼ばれる一膳飯が回されることがあります。 一本の箸でお椀の米を少しだけ手にとって食べたり、食べるまねをするもので、 皆で一緒に故人を見送るという意味があるといいます。 また、通夜のあとの通夜ぶるまい、精進おとしは、一般的に「おきよめ」と呼ばれ、刺身を出す習慣があります。

「新生活」と書いてある香典袋があります。
群馬県では、香典袋に自分で「新生活」と記入して持参したり最初から「新生活」と書いてある香典袋が売っています。 「新生活」とは新生活運動からきています。 これは、戦後間もないころ、生活の中の無駄・見栄をなくし、生活を簡素化しよう、そして経費の削減に努めようとした運動です。 葬式に関しても、香典は金額を少なくして、香典返しは辞退するようにしましょうということが言われました。 香典袋を持って受付に行くと、会葬者の多いお葬式の場合「会社関係」「親戚」「一般」などの札が掲げられていますがそこに「新生活」という受付があるのです。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved