広島県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 広島県の対応地域

広島県 対応地域

  • 広島市
  • 呉市
  • 福山市
  • 東広島市
  • 廿日市市
  • 府中町
  • 海田町
  • 熊野町
  • 坂町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594


広島県 葬儀・お葬式の特徴

広島県では白木の位牌に白いさらし布。
位牌の表側に記される戒名は、仏の弟子になったことを表す名前のことです。戒名はもともと二文字で構成されていました。 それに院号、道号、位号などが加わり、一般には全体を戒名と称しています。浄土真宗では法名、日蓮宗では法号ともいいます。
仏教では人が亡くなると戒名を書いた白木の簡素な位牌を作り、これを四十九日まで使いますが、備後地方の一部の禅宗の家では、 故人の戒名が書かれた白木の位牌に、白いさらし布で作った覆いをかぶせ、少しずつすりあげていくといった変わった風習が見られます。
また、初七日の法要のあと、「お齋」という精進料理を取ります。

通夜の時は納棺せず布団に寝かせたまま行うという風習。
故人との別れの最後の夜ということで、僧侶の読経の中、近親者、知人が焼香をします。
地域によって風習は多少違いますが、広島県では通夜は納棺せず布団に寝かせたまま行うという風習が残っているところもあるようです。 県内のほかの地域では納棺した状態で通夜を行うのが一般的です。
通夜は故人の供養のため親しい人たちが集まり軽い宴席を囲む通夜ぶるまいが一般的です。

火葬場から戻って清めの塩をしない地方。
巌島地区では、浄土宗が住民の8割を占めるといわれていますが、経帷子は真言宗の寺からもらい、お骨は島外の禅宗の墓地に葬るといった習慣があります。 また、一般的に火葬場から戻った時などは、塩をまく習慣が多い中、安芸地方の一部で、火葬場から戻ってきたときに塩で身を清めるというならわしはあまりみられないこともあります。
「不浄のものを清める」という意味がある仏教では生と死をひとつの世界として捉えているため死はケガレたものではないとしていることのようです。

出棺の仕方について。
広島県の一部では、出棺の際に近親者で棺を担ぎ、3度ぐるぐると回すというしきたりが見られます。 これは、「三度回し」「棺回し」などと呼ばれ、棺を回すことで故人の方向感覚を無くし、家に戻ってこられないようにするためとか、 迷いなくあの世へ旅立っていってほしいという願いがこめられていると考えられているというものです。 また、この「回る」という行為は、仏教の修行にも多く見られたり、お遍路さんが聖なる場所を回ったりするように、 回るという儀式を行うことで現世での罪をなくすための修行を行っているとする「減罪信仰」からとも言われています。

焼香する際の香典とは別に焼香銭。
葬儀や法要の風習は各地でずいぶん違いますが、安芸地方独特の風習に「焼香銭」というのがあります。 焼香(回り焼香)をするときに小銭をお盆にのせるという風習です。たぶん、浄土宗特有のものだと思われます。
施主がそれを封筒に入れ、最後に僧侶に渡します。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved