兵庫県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 兵庫県の対応地域

兵庫県 対応地域

  • 神戸市
  • 姫路市
  • 尼崎市
  • 明石市
  • 西宮市
  • 芦屋市
  • 伊丹市
  • 加古川市
  • 宝塚市
  • 高砂市
  • 川西市
  • たつの市
  • 稲美町
  • 播磨町
  • 市川町
  • 福崎町
  • 神河町
  • 太子町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594

兵庫県のご葬儀体験談はこちら

兵庫県 葬儀・お葬式の特徴

兵庫県の出棺の際の三回回しの意味とは?
兵庫県の播磨地方の一部では、出棺の際に近親者で棺を3度、ぐるぐると回すというしきたりが見られます。 これは、「三度回し」「棺回し」などと呼ばれ、その意味は諸説あります。 ひとつは、棺を回すことで故人の方向感覚を無くし、家に戻ってこられないようにするためで、「迷いなくあの世へ旅立っていってほしい」という願いがこめられているとものと思われます。 また、「三回回し」には、減罪信仰の意味合いがあるとする説もあります。 「回る」という行為は、古代の日本において、人と神霊がつながる儀式とされていました。 「棺を回す」には、古代日本の鎮魂儀礼に仏教的・修験道的信仰意義が加味され、棺を回すことにより死者は、修行の実践を行い、 後に「死者が家に帰らないように迷わせるため」という俗信へと変化したのでしょう。

兵庫県の出棺の際の茶碗割りの意味とは?
出棺の際には故人の大切にしていた茶碗を割る「茶碗割り」が一般的に行われていますが、兵庫県の川西市では、この「茶碗割り」が女性の仕事になっています。 仏教では、故人の魂は死後四十九日まで現世をさまよっているとされており、時には生前の愛用品をたよりに家に戻ってきてしまうと言われます。 そこで、故人が家に戻ることなく成仏するようにとの願いを込めて茶碗割りが行われるようです。

身内だけの静かな通夜ぶるまい。
兵庫県での通夜ぶるまいは、多くの家庭で親戚のみで、大掛かりな通夜ぶるまいではなく、静かに故人とのお別れの時間を過ごしています。 そのため、ご近所やご友人など一般の方は、お焼香をしてそのまま帰られるスタイルが多いようです。 故人との別れの最後の夜ということで、僧侶の読経の中、近親者、知人が焼香をします。 それが終了すると、故人の供養のため親族だけが残り軽い宴席を囲む通夜ぶるまいのようです。

兵庫県では一本樒を供える風習があります。
兵庫県では葬儀の際、一本樒を供える風習があります。平常の献花は真を立てますが、葬式の一本華は涅槃の意を表して枝を一本だけ立てるようです。 火葬場では樒(しきみ)の枝を水に浸し、棺に振り掛ける儀式もあります。 葬場より帰った時には塩を体にふりかけてオケに入った水で手を洗う「きよめ」の習慣があります。 兵庫県では、自宅に帰りついた時、塩を掛けたり、塩を踏んで家の中に入る風習が行われています。 そして、初七日の法要のあと、「精進あげ」という料理を取るスタイルが多いようです。

兵庫県でのご葬儀体験談


体験した時期 2009年~2012年
地域 兵庫県西宮市
体験者情報 30代女性
体験内容 地域固有かわかりませんが、4年連続で祖父母・父母の葬儀を行った時の流れです。
病院で亡くなる
→故人を家に連れて帰る(葬儀社の車に乗せて帰る)
→故人を本人が愛用していた布団に寝かせ1晩過ごす(枕元には白木の小さな祭壇と掛布団の上には専用の飾りが施された掛け物をかける、併せて小刀が置いてあった時もある)
葬儀日程の都合等で自宅での安置が2晩以上になる時は間の日にお寺さんを呼んでお経をあげてもらう。

→通夜式
 通夜の日に葬儀場へ故人と移動。葬儀場に着いてから、故人の化粧と着替えを行う。着替えは死装束でも、故人の愛用の服装でも可。その後末期の水をあげる。末期の水は榊の葉を水に濡らして故人の唇へ付ける。末期の水の後、納棺する。納棺は、親族で故人を持ち上げて棺に納める。棺に納めた時に、故人の好きな物や愛用品を棺に入れ、棺の中を良い感じにレイアウトする。
 通夜式では、お寺さんの御読経と参列者の御焼香がメイン。御読経中に御焼香をする。順番は「喪主→親族→一般の参列者」の順で行う。ご焼香の時は、親族のうち故人の一番近い身内(家族)が前に立ち、ご焼香をあげてくれた参列者に頭を下げる。この時に一言二言声を掛けたりする。親族、一般も含めてご焼香が終わった人に順番に会葬のお礼を渡す。(スタッフが手渡し。中身はお茶葉やコーヒー、ハンカチなどの軽いもの)
 ご焼香が終わり続いて御読経が終わると、お寺さんが退席。喪主が挨拶。その後、親族は別室で食事会(通夜振る舞い)となる。一般の参列者は通夜式の後は棺の窓から又は棺の蓋が開いているので直接故人とお別れをする。お別れが終われば随時解散。
 親族は食事会の後、数人が残って故人の線香番をする(お線香の火が途絶えないように夜中線香の交換をする) 併せて、通夜に遅れてでも来てくれた人への対応も行う。

→告別式
 通夜式と同じように御読経、ご焼香。ご焼香の順番は「喪主→親族→一般の参列者→止め焼香(喪主でない親族代表)」の順となる。家族が前に立つ、会葬のお礼を渡す等は通夜式と同じ。
 ご焼香が終わり御読経が終わるとお寺さんのお話。(戒名の由来や、故人について、または有難いお話など) お話が終わって、お寺さん退出。喪主の挨拶。
 その後、棺の蓋を開け最後のお別れ。祭壇に飾ってあったお花を棺に納めていく。参列者全員が行う。順番は「一般の参列者→親族」の順。
 献花が終わると棺の蓋を閉め、出棺。この時棺の蓋はかぶせるだけ。釘で打ったりはしない。棺は、親族の男性が運び霊柩車に運ぶ。喪主(手には位牌)、遺影を持つ親族、棺の順で霊柩車へと向かう。一般の参列者はこれを静かに見守る。棺が霊柩車へ運び込まれたら喪主は霊柩車に乗り込み、残りの親族は用意されたバスや自家用車、タクシーに乗り込み火葬場へ向かう。霊柩車が出発する時は、長いクラクションを1回鳴らす。(5秒くらい)一般の参列者は出発する霊柩車に合掌・礼拝し見送ったら解散。

→お骨上げ
 親族は火葬場に着いたら、建物の入口でお坊さんにお経を上げてもらう。その後、棺と共に移動して窯の前へ。窯へと棺が入って行くときもお経とご焼香。窯の蓋が閉まってから葬儀場に帰り、精進揚げの料理を頂く。お骨上げの時間が近づくと火葬場へ戻る。窯の前にお骨になった故人が安置されているのでお骨上げ開始。
 まず、火葬場のスタッフからお骨の各部位の説明を受ける。(喉仏の由来も含めて)説明が終わると喪主が喉仏を長い箸でつまんで骨壺に納める。その箸を次の親族に渡し、スタッフの指示された骨を骨壺に納める。その箸を次の親族に…の繰り返しで、親族全員がお骨を収め終わったら残りはスタッフが納めてくれる。骨壺には人体の要所の骨が一通り入る。
 骨壺の蓋をし別室へ移動し、骨壺のカバーや白い布で包んだら葬儀場へ帰り、荷物をまとめて解散!この時に祭壇にお供えしてあった果物などは分けて持ち帰る。
 初七日をその日のうちにする場合は、別室で初七日法要の後、解散。

四十九日あたりで、香典返しを配る。
長くなりましたが、以上のような感じでした。

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved