茨城県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 茨城県の対応地域

茨城県 対応地域

  • 水戸市
  • 土浦市
  • 古河市
  • 結城市
  • 龍ケ崎市
  • 取手市
  • ひたちなか市
  • 守谷市
  • 那珂市
  • 筑西市
  • つくばみらい市
  • 阿見町
  • 河内町
  • 五霞町
  • 境町
  • 利根町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594


茨城県 葬儀・お葬式の特徴

土葬の風習が残っているから?
県央や県北では、通夜または葬儀の前に火葬をして、告別式の後に埋葬する地域が多く見られます。 これは葬儀をしたその日に行う土葬の風習が残っているためと考えられます。 告別式の後だと時刻が遅くなってしまうため、通夜や葬儀の前に火葬するようになったようです。現在では、埋葬は同日のことも後日のこともあります。

これも土葬の名残で陸尺(ろくしゃく=六尺、または六道)ってどんな人?
現在は墓地へ遺骨を運んだり納骨の手伝いをする「組」のお葬儀の世話役のことをこう呼びます。もともとは棺かつぎや墓穴を掘る人のことでした。 陸尺は作業しやすいように喪服ではなくて作業服を着て、組内で役割が順に回ってくることが多いようです。 鉾田町の一部では4人ほどの陸尺が天蓋や竜を作って、遺骨とともに墓地に持参し墓の前に立てます。 結城市には、告別式が始まるとすぐに陸尺が山盛りのご飯を食べる風習がある地域があります。

地域で違うお通夜の習慣があります。
例えば日立市では、通夜の前に火葬をして、斎場で一般的な通夜式を行った後、遺骨を自宅に安置して遺族だけで一晩弔いをする地域や、通夜をしない地域もあります。 鉾田町や小川町の農村地域では、通夜の後に弔問客をごちそうでもてなす所もあります。 また、境町などでは、香典以外にのし付きで紅白蝶結びの祝儀袋に入れた「通夜御見舞」を持参するところも見られます。 この場合遺族側は、香典返しとは別に「通夜返し」としてハンカチや砂糖をお返しとします。 龍ヶ崎市では不祝儀袋の「御霊前」の左側に「通夜御見舞」と書き添えて持っていったり、香典と通夜見舞いの両方を用意し、それぞれのために二つ設置された受付にそれぞれ渡すこともあります。

葬儀にも徐々になくなっている風習があります。
以前は葬式のときに「本膳」として精進料理が出る事も多く、「ガンモドキ(雁もどき)」は弔問客に持ち帰ってもらいました。 現在では打物や葬式饅頭になっています。今でも協和町では葬式の日の昼食に本膳が用意されることもあります。 茨城町では地域組の人が遺族に代わってすべてを執り行い、出棺後にお世話になった人をもてなします。日立市では葬儀のことは告別式、喪主のことを施主と呼びます。 県南地域では遺族や親族の焼香の際に別れの杯を交わします。協和町では「六角座(脚付の六角板)」を祭壇の両側に供えたりします。

出棺の時にする風習があります。
「ざる転がし」は出棺時または出棺後、葬儀や告別式を行った部屋で竹ざるを転がし、ほうきで庭に掃き出すものです。 ざるは漏れが多いというところから、「死霊をざるの目から退散させる」という意味があります。 また「ひつぎ回し」は庭か墓前で、棺を三回か三回半左に回します。死者の霊が戻ってこないよう、方向感覚を狂わせるためといわれています。

現在でも県内各地で行われているのが「まき銭」です。
庭または墓前で、そのままか半紙にくるんだ小銭を遺族が参列者に向けて撒きます。 お金ではなく、飴など100円程度のお菓子を配るということで代用する場合もあります。 大往生された高齢者のお葬式などではいまだ見かけることができる風景で、拾って持ち帰ると、「長寿をした故人にあやかって長生きができる」とされ、縁起が良いと考えられています。 かつては故人が生前働いて貯めたものを本人に返すという意味で、棺に向かって投げるところもあったそうです。

お清めに「鰹節」!?
茨城県では水戸などの地域で、清めの塩と一緒に「鰹節」を食べる風習が見られます。鰹節は、口に含む場合もあれば、塩を一緒にかける場合もあり、地域によって作法はさまざまです。

友引きだけでなく葬儀を避ける日があります。
大子町では「虎(寅)は千里往って千里還る」ということから死者が還ってくることを嫌い寅の日の葬儀・告別を避けることがあります。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved