石川県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 石川県の対応地域

石川県 対応地域

  • 金沢市
  • 白山市
  • 能美市
  • 野々市市
  • 川北町
  • 津幡町
  • 内灘町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594

石川県のご葬儀体験談はこちら

石川県 葬儀・お葬式の特徴

祭壇は荘厳なものとなります。
石川県は浄土真宗のお寺も信徒も多い県です。仏教が住民の精神生活の大きな支えになっている傾向があります。 だからか祭壇は他よりも一段と荘厳なものが多くなっています。祭壇「輿」はお浄土への乗り物、仏壇はお浄土のミニチュアです。

宗派に関係なく寺院で葬儀をします。
金沢市では、通夜は自宅で行ないますが、葬儀は近くの寺院で行なうことも多いです。また宗派に関係なく、葬儀を近所の寺院ですることがあります。

火葬場へは喪主は白装束です。
石川県では、出棺し、火葬場へ移動する際、喪主が白装束を着るならわしがあります。 実は、古来日本では喪服の色は白でした。逆に黒とは現在でも結婚式に出席する既婚女性が黒い留袖を着るように、おめでたい席で着る色だったのです。 喪服の白と黒が逆転したのは、明治時代です。明治時代に政府が、黒を喪の色とする西洋からの国賓の前でも恥ずかしくないようにとの思惑から、哀悼の意を表す色として黒を採用しました。

棺の前に小銭を置きます。
奥能登のお葬式では棺の前に小銭をお供えする風習があります。

一回忌以降の法要を盛大に行います。
石川県では、初七日までの法要は簡素に行い、一周忌以降を盛大に行う傾向があります。

清めに「ぬか」をかける風習があります。
石川県の一部地域では、清めの塩と一緒にお米の「ぬか」をかけます。 清めという考え方は仏教ではないので、死を穢れとしている神道からきている考え方です。 神道の葬儀の祭壇には神饌お供えしますが、その中にこの「ぬか」の元となる「稲穂」が含まれることから、神道の影響を受けたしきたりと思われます。

金沢の香典返しは?
金沢市では香典返しはその場返しです。

火葬当日に分骨し、菩提寺へ納めます。
浄土真宗がとても多い石川県はお寺とのつながりが他の地域と比べてより深いのです。 葬儀が終わって火葬したのち、お骨は2つの骨壷に分けて収めます。 そのうちのひとつを当日のうちに菩提寺へ納めに行くという家がたくさんあります。

北海道でのご葬儀体験談


体験した時期 2012年2月頃
地域 石川県金沢市
体験者情報 40代女性
体験内容 亡くなるとまず自宅に遺体を連れて帰り、その夜は内輪夜伽を行い、親族や親しい友人、町内の人が訪れる。 翌日通夜を宿泊設備の整った葬儀会場で行い、家族は葬儀会場に宿泊し、葬儀を行う。 通夜、葬儀の参列客の世話、香典、香典返しは全て町内会が行い、親族はタッチしない。 香典袋を糸でつないで記帳と一緒に葬儀後に遺族へ渡す。

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved