神奈川県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 神奈川県の対応地域

神奈川県 対応地域

  • 横浜市
  • 川崎市
  • 相模原市
  • 横須賀市
  • 平塚市
  • 鎌倉市
  • 逗子市
  • 厚木市
  • 大和市
  • 伊勢原市
  • 海老名市
  • 座間市
  • 綾瀬市
  • 寒川町
  • 湯河原町
  • 愛川町
  • 清川村
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594

神奈川県のご葬儀体験談はこちら

神奈川県 葬儀・お葬式の特徴

通夜、葬儀を行う場所はどこでしょう。
通夜・葬儀とも自宅で行なわれる地域が多いのですが、都市部での齋場利用も増えてきました。相模原市は自宅葬が8割ほどです。

火葬後に葬儀をおこなう場合もあります。
葬儀後の火葬が一般的ですが、地域によっては午前中に火葬、午後葬儀というところもあります。 また、骨揚げ後は自宅に帰り、お骨を後飾りの祭壇に飾る場合と自宅に帰る前にそのまま寺に寄って埋葬まで行ってしまう場合があります。

式場不足で死亡日から通夜までが一週間空くこともあります。
神奈川県は、横浜市や川崎市などの都市と、そのほかの郊外とでは、状況が大きく異なります。 人口の多い都市部では、式場が不足がちで、人気のある公営施設や火葬場併設の民営施設などでは、一週間先まで予約が埋まってしまっていることもあり、 通夜ができるのが7日後ということもよくあります。 通常、ご遺体は葬儀までの間自宅で安置されますが、集合住宅や間取りなど、住宅事情によっては、 火葬場に併設されている冷蔵保管庫や葬儀社に預け、通夜当日まで安置しておきます。

隣組が葬儀を手伝う地域もあります。
郊外などでは、昔ながらのしきたりや風習がまだ残っているところもあり、「隣組」などの近隣組織がいまも機能しています。葬儀の際は近隣の家で支えあっているのです。

参列者に通夜ぶるまいを行ういます。
西日本でや関西地域では遺族のみが食事をとることが多いですが、神奈川県など東日本では、焼香に来た一般参列者にも通夜ぶるまいをします。 式場などで焼香をした後、係員が別室へ案内し、寿司やオードブル、煮物、そしてお酒などの飲み物が振舞われます。 箸をつけることが供養になるとされていますので一口でもいただくのが礼儀です。 都市部では、参列者はすぐに通夜振舞いの会場を後にしますが、農村部ではおおらかに故人の思い出を語りあうといった光景が見られます。

香典返しも地域によっていつ返すか違います。
香典返しは横浜では忌明けに行なわれます。小田原市、平塚市などはその場返しであります。

葬儀の規模もそれぞれです。
古くからある商店街、住宅街も多く、古いお寺や神社なども多数残っています。 そのような古い町の中に、新しめのマンション、アパート、社員寮がぽつぽつと混在するのも目に付きます。 したがって、お葬式でも、昔ながらの多数の参列者を招く葬儀が行われる一方、都市型のコンパクトな家族葬、密葬が行われることも大変増えています。

神奈川県でのご葬儀体験談


体験した時期 2007年5月
地域 神奈川県横浜市
体験者情報 40代女性
体験内容 私の主人の葬儀のお話です。 もう7年も経ってしまいましたが、突然主人を亡くしました。 葬儀社さんの式場を使わせていただいたのですが、祭壇のある式場の他に別室では主人が仕事で来ていた制服をマネキンに着せていたり、主人が映画好きだったこともありDVDで映画を流していたりしてくださいました。 葬儀全てを終えた後、自宅までの帰り道には、遺骨となった主人と残された私と子供達を主人の会社や想い出のある場所をまわってから帰宅しました。

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved