高知県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 高知県の対応地域

高知県 対応地域

  • 高知市
  • 南国市
  • 土佐市
  • 宿毛市
  • いの町
  • 日高村
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594


高知県 葬儀・お葬式の特徴

高知県では、講の女性たちが念仏をあげます。
四国全域には、10件程度の家が一単位となって、通夜・葬儀などを取り仕切ってくれる「講」と呼ばれる近隣組織があります。 葬式を援助する地域の組織の葬式組のことです。講は、地域の重要な仕事と捉えられていて、中には仕事を休んでまで講を優先するのが当然と考えられている地域もあります。 今では、女性は炊き出し、男はテント建てか受付係りといったところでしょうか。葬儀の準備や通夜の準備は近隣の組織が手伝うようになっています。 また、通夜の際や通夜終了後に、講の女性たちが念仏をあげることもあり、これは「念仏講」と呼ばれています。 また、まだ土葬がかなり多く残されている地域もあり、すべて「講組」によって取り仕切られています。
土葬の際、墓穴を掘ったときに河原で拾ってきた小石を穴の周囲に大量に積みます。この石のことを「おがみ石」といいます。

出棺の際には羽織を3回振るならわし。
出棺の際、棺には故人が愛用していた羽織を裏返し、上下逆さにしてかぶせ、その上には茶碗を載せておきます。 そして、玄関を出る時には、その茶碗を割り、羽織を3回振るならわしが高知県では広く行われています。
茶碗を割る風習は食断ちといい、現世への心残りをきっぱりと絶つために、また羽織を振る風習は、 お願いほどき、願ぶるい、棺ぶるいなどと呼び、故人が生前に神仏に願ったことを取り下げ、未練を断つために行われています。
土佐では茶碗を割る際「これでしもうた」と声に出して割るそうです。

通夜の過ごし方。
高知県には、納棺されるまでの間、故人を「生きている人」として接する風習があります。 普段使用していた布団に寝かせてあげ、日常と同じような言葉をかけながら過ごし、枕元には家族と同じ食事を運びます。 また、故人の枕元で朝を迎える習慣があり、さらには、出棺前の夜には枕を並べて添い寝で休むこともあります。 故人の枕元には、枕飾りが飾られますが、そのほか、逆さ屏風を立てる風習も残っています。
また、土佐郡の一部では、養生見舞いと言い、故人を病人として接する地域もあります。
家族やご近所がお膳を用意し、故人の好物などのご馳走を作り供えます。 お膳を供える際には、「起きてきて食べませんか」と、家族全員が声をかけ捧げるのです。

納棺の際に入れるもの。
納棺の際、故人が生前愛用していた品物や故人の好物などいれますが、高知県では故人の棺に大豆や小豆を煮てから入れるしきたりがあります。 そのまま入れるのではなく、わざわざ煮てから入れる理由は、「芽(目)が出ないようにするため」です。 つまり、故人が棺の中で目を開けないようにという意味で、故人に成仏してほしいという願いが込められているといいます。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved