京都府の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 京都府の対応地域

京都府 対応地域

  • 京都市
  • 宇治市
  • 亀岡市
  • 城陽市
  • 向日市
  • 長岡京市
  • 八幡市
  • 京田辺市
  • 大山崎町
  • 久御山町
  • 宇治田原町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594

京都府のご葬儀体験談はこちら

京都府 葬儀・お葬式の特徴

京都府では、友引でも葬儀は行われます。
全国的に、葬儀は友引を避けて行われていますが、京都府では火葬場が開いているため友引の日でも葬儀・告別式を行うことができます。
そうは言っても、昔から「死者が友を引いていく」つまり「死者が友を連れて行ってしまうからさらに死者が出てしまう」という意味の迷信があることから、 京都府など友引の日にも葬儀を行う地域の多くは「友人形」(「供人形」とも言います)といって、いわば人間の身代わりとなる人形を棺に入れる風習が行われています。

京都府では、身内だけの静かな通夜ぶるまいが行われることもあります。
故人との別れの最後の夜ということで、僧侶の読経の中、近親者、知人が焼香をします。
それが終了すると、故人の供養のため親しい人たちが集まり軽い宴席を囲む通夜ぶるまいが一般的です。
故人との最後の食事ですので、ご遺族からすすめられた場合は一口でも箸をつけるのが礼儀とされています。
この時は、長居をせず退席するようにします。一般的には15分~30分程度で帰るようにします。
京都では、このような大掛かりな通夜ぶるまいではなく、親戚のみに振る舞う地域も多いようです。

京都府では、火葬場へ行かない事情もあります。
京都府では、子どもが親より先に死亡した場合、「親不孝者」として両親は火葬場へ行かないしきたりがあります。 これは、辛い思いをしている両親が火葬場へ行くことでさらに悲しい思いをしなくていいようにとの心遣いから生まれたしきたりでしょう。 また、昔はもともとは土葬で、親は「お墓」にはいかないのが習わしでした。それが現代の「火葬場に行ってはいけない」となったのではないでしょうか。

京都府では、収骨の仕方についてはいろいろとあります。
火葬が終わると人は骨になり、その骨を遺族や来てくれた方々が拾い上げることを拾骨あるいは骨上げといいます。
地域によって拾い方の習慣は異なります。関東のほうは全量収骨ですが関西では全体の5分の1から3分の1ぐらいの量の骨を全身から少しずつ拾うのが一般的です。 一部収骨方式と言われていて、喉仏や歯骨など一部だけを収骨したり、胴や歯骨を分けて収骨することです。
各部の主だった骨だけ収骨するにしても、違いがあります。一人ひとりが箸で拾い上げて収骨するところもあれば、一組の箸を二人で持って収骨する方法もあります。
故人をこの世からあの世への三途の川の渡しをしてあげるという意味に由来しているようです。
そして、最後に喪主が喉仏を拾うのもあるようです。

京都府でのご葬儀体験談


体験した時期 2009年7月
地域 京都府京都市
体験者情報 30代女性
体験内容 参列しただけなので詳しくはわかりませんが、創価学会のお葬式は初めてで、ちょっとびっくりしたことが多かったです。 創価学会の葬式は樒(しきみ)がたくさん。 戒名は特になく、お経はお坊さんではなく地区の担当の方でした。 普通の喪服なので、いきなり祭壇の前に座ってお経を読み始めたときは、お坊さんじゃないのに誰だろうと思ってびっくりしました。

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved