三重県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 三重県の対応地域

三重県 対応地域

  • 四日市市
  • 伊勢市
  • 桑名市
  • 鈴鹿市
  • 名張市
  • 鳥羽市
  • 木曽岬町
  • 東員町
  • 菰野町
  • 朝日町
  • 川越町
  • 多気町
  • 明和町
  • 玉城町
  • 度会町
  • 南伊勢町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594

三重県のご葬儀体験談はこちら

三重県 葬儀・お葬式の特徴

村香典とは?
名張市には相互扶助の考えから、近隣や組の人たちが1~3千円程度の一定額のお香典を持ち寄って霊前に供えるという「村香典」の風習が見られます。 これは、たとえ知り合いではない場合でも一律で集められるのです。

前火葬、後火葬さまざまです。
津市、松阪市など葬儀後に火葬を行うところや、伊勢市、熊野市のように、火葬を葬儀の前にするところ、あるいは通夜の前に行うところなど、さまざまです。

しめ縄をはずします。
神道にならってかと思いますが普通伊勢、松坂市では年中しめ縄をつけています。お葬儀の際は、これをはずします。

「夜伽見舞(よとぎみまい)」の風習
通夜は「夜伽」といい、自宅で行ないます。三重県では、通夜の際に香典のほかにお菓子やお酒などを用意して遺族に渡す風習があります。 「夜伽見舞(よとぎみまい)」といわれることが多いですが、北部では「おさびし見舞い」ということもあります。 遺族はお通夜の後、いただいた夜伽見舞いを食べながら故人を偲び、残ったものは皆に配ります。 夜伽見舞いをいただいた方には、香典返しの品もその分上乗せしてお返しします。 また、地域によっては、持ち寄った夜伽見舞いを持ち寄った人たちも含めて皆でいただくこともあります。

「サヤ」を祭壇の横に飾ります。
県南部地方では、屋根型の「サヤ」を祭壇の横に飾ります。あるいは墓にかぶせる、といった風習があります。

熊野の葬儀は自然葬の名残が残ります。
三重県の熊野地域では元々持っていた独特の風習が受け継がれています。 基本的には通夜の前に自宅で密葬が行われ火葬されるのですが、密葬の前に穴を掘って準備しておき、葬儀後その穴に埋葬し目印となる墓標を立てておきます。 そして四十九日の法要の時にその墓標を石塔に取り替えます。熊野地域の葬儀は、男女別に分かれて着席して行われます。 亡くなった人の配偶者は通夜、葬儀、法要には参加しません。その代わりに、初七日の法要が終われば、亡くなった人の四十九日が過ぎるまでは、毎日の墓参りを欠かさず行います。 また、不祝儀のお返しは行いません。

「出立ちの膳」は「涙汁(なみだじる)」
三重県では、精進落しの際、「出立ちの膳」といって、故人との最後に囲むお膳があります。 近親者が簡素な精進料理を食べますが、このとき、桑名などの一部地域では、かつおだしと胡椒で作られた胡椒汁が出されることがあります。 これは「涙汁(なみだじる)」とも言われ、大変な辛さから涙を流すという意味合いと、辛さによってお葬式の疲れをとるための意味があるとされています。

三重県でのご葬儀体験談


体験した時期 2005年頃
地域 三重県度会郡大紀町
体験者情報 40代女性
体験内容 通夜振る舞いがありますが、当時はものすごく豪華でした。 母屋で義祖父のお葬式をしましたが、一人当たり8000円くらいの予算だったと思います。 経費削減で家族3人が調理師免許を持っているので、近所のお手伝いさんたちと共に50名分くらい料理を作りました。 でも今は区の会議で葬儀会館で執り行うよう決まったのでお葬式の慌ただしさも軽減されそうです。

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved