宮城県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 宮城県の対応地域

宮城県 対応地域

  • 仙台市
  • 塩竈市
  • 名取市
  • 多賀城市
  • 岩沼市
  • 大崎市
  • 七ヶ浜町
  • 利府町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594


宮城県 葬儀・お葬式の特徴

「白ぶかし」がお通夜の夜にふるまわれています。
お通夜の際に、おこわを食べる慣習は全国各地で行われていますが、宮城県では小豆の一種の「白ササゲ豆」を混ぜたもち米をふかしたもの、「白ぶかし」がお通夜の夜にふるまわれています。 通夜におこわを食べる習慣は、おこわは腹持ちがよく栄養価も高いため、心身ともに疲労する葬儀を乗り切るための栄養食として、 またおかずがなくても食べられ保存性も携帯性も高いところが重宝されたところから発生したと考えられます。

出棺の際に男性が白い三角の布、女性が白い頭巾をかぶる風習があります。
宮城県でも一部地域でこのような風習が見られます。白い三角の布は死装束のひとつで、仏教では「宝冠(ほうかん)」と呼ばれています。 白という色は、この世とあの世を結ぶ霊界の象徴とも考えられています。 故人と同じ格好をするということは、「故人が旅立つまでは、私たちも故人と共に見送りますが、そこから先はお一人で旅立ってください」という意味が込められているのです。 ちょうど、昔遠方に旅立つ人を町はずれまで同行して見送ったのと同じような感覚でしょう。

宮城県では「契約講」や「講中」が残っています。
地域の近隣組織を宮城県では「契約講」や「講中」と呼びます。10件程度の家が一単位となって、通夜・葬儀の際に喪家を手伝います。 これは地域の重要な仕事と捉えられていて、会社の仕事よりも葬儀を優先するのが当然と考えられている地域もあるほどです。 葬儀社に葬儀を依頼する際も、遺族と葬儀社だけでなく、葬式組の代表との打ち合わせも欠かせません。

通夜、葬儀会場は
仙台市内では通夜は自宅で行ないます。でも葬儀会場は自宅より寺院が多くなります。仙台市ではホテルを利用して献花で葬儀を行なうこともあります。

埋葬までの流れは
通夜のあと出棺となります。そして霊柩車で火葬場に行き骨あげのあと、遺骨を祭壇に安置して葬儀を行ないます。葬儀のあとに埋葬を行ないます。 そのあと七七日法要までが行なわれます。祭壇は8日目に撤去されます。香典返しはその場返しです。気仙沼市では、通夜の前日に火葬が行なわれます。 北部地域では、自宅葬の場合では葬儀が先というところもあります。北西部には土葬のしきたりが残っています。

納棺のときに一緒に入れるもの
納棺に際して豆、蕎麦、稗、粟の五穀(ごこく)を混ぜ合わせて入れ、お金も入れます。現在では紙に100万円、1,000万円となるべく高額の金額を書いて入れる、といった風習もあります。 また納棺のことを「入棺」(にっかん)あるいは「二ツ棺」という地域もあります。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved