長野県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 長野県の対応地域

長野県 対応地域

  • 長野市
  • 松本市
  • 飯田市
  • 須坂市
  • 塩尻市
  • 安曇野市
  • 高森町
  • 喬木村
  • 豊丘村
  • 山形村
  • 朝日村
  • 小布施町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594

長野県のご葬儀体験談はこちら

長野県 葬儀・お葬式の特徴

松本地区は前火葬です。
納棺のあと、すぐ親族だけでお別れの膳を囲み、松本市を中心とする南信では火葬から葬儀が一般的です。松本市では、葬儀のあと初七日法要を行ない、そのあと墓地での埋葬を行ないます。

長野地区は後火葬です。
納棺のあと、すぐ親族だけでお別れの膳を囲み、長野市を中心とする北信では葬儀をしてから火葬が一般的です。 長野市では出棺時に遺族が「いろ」と呼ばれる白い布を肩にかけて火葬場へ向かいます。 白い布を身につけることによって、故人と同じ格好をするということになり、 「あの世へ旅立つ前までは、私たちも共に見送りますが、そこから先はお一人で旅立ってください」という意味が込められているそうです。

長野市の「市民葬儀」とは?
長野市では「長野市斎場の設置及び管理に関する条例」があります。 非常に安価に葬儀が営めるため、この「市民葬儀」を利用する場合が多いのです。葬儀に関する諸作業は市の職員によって行われます。

隣組が葬儀を手伝います。
「隣組」とは、10件程度の家が一単位となって、通夜・葬儀の際に喪家を手伝う組のことで、「葬式講」と呼ぶ地域もあります。 特に長野県ではしっかり機能していて、これは地域の重要な仕事と考えられていて、会社の仕事よりも葬儀を優先することもあります。 葬儀社に葬儀を依頼する際も、遺族と葬儀社だけでなく、葬式組の代表との打ち合わせが行われます。

通夜でお見舞いを渡す風習があります。
一部の地域では、特に親しい間柄の場合、通夜の香典袋のほかに、表書きに「お見舞い」と書き紅白の水引をかけた袋をわたすことがあります。 これは、遅ればせながらお見舞金を、通夜の席でお渡しするもので決しておめでたい意味があるわけではありません。

「血脈」(けちみゃく)をお棺に入れます。
故人が生前善光寺詣りをした場合、納棺にさいして「血脈」を入れます。 「血脈」とはあの世で極楽に往生できるという御札のことで朱印を押した紙のことです。昔は額に直接押していたといいます。 善光寺参りをするといただくことができるものです。

まだまだある各地域の風習
日のあるうちは葬儀をださないという風習がある地域もあります。飯田近辺と下伊那では火葬の後「骨まつり」といわれる儀式があります。一般的には精進落としのことです。

長野県でのご葬儀体験談


体験した時期 2009年7月
地域 長野県下伊那郡下條村
体験者情報 30代男性
体験内容 臨済宗のお葬式の話です。 祖父が亡くなったのですが、まず亡くなった直後、お坊さんが来る前はまだ俗世にいる人とみなされ、枕元に線香をあげてはダメ。 線香の代わりに、脱脂綿のついた棒で唇を湿すということをしました。 お坊さんがお経をあげにきて、仏の弟子になったという体で、やっと線香の出番となりました。 それからこれは当然のことだと思っていましたが、長野市などと違って、出棺は葬儀の日の朝で、火葬してから葬儀をやる、という形式でした。

体験した時期 2014年4月
地域 長野県佐久市望月
体験者情報 30代女性
体験内容 通常のお葬式が終わった後、身近だったと感じる人(親戚やご近所さん等)を集め食事会を行います。 その際には、その中で最も長老の方(親戚以外)に司会進行を任せ昔の話などをしてもらい盛り上がります。 後日、司会進行を務めてくれた方にお礼として金一封と品物を渡します。

体験した時期 2013年8月
地域 長野県伊那市
体験者情報 30代女性
体験内容 葬儀の際には隣組(近所数軒)が葬式に協力し、近所の人が献花なども行ないます。 また、南信では先に火葬を行なってから葬儀を行なうのが一般的です。 葬儀のあとに精進落としの食事が出されますが、おまんじゅうの天ぷらが出されることがよくあります。

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved