長崎県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 長崎県の対応地域

長崎県 対応地域

  • 長崎市
  • 佐世保市
  • 諫早市
  • 松浦市
  • 長与町
  • 時津町
  • 波佐見町
  • 佐々町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594

長崎県のご葬儀体験談はこちら

長崎県 葬儀・お葬式の特徴

葬儀、告別式、初七日を一日で済ませてしまう三日参り。
骨上げの後寺院に寄り、葬儀が終了したら、その後お寺へいきます。葬儀、告別式、初七日を一日で済ませてしまう通常三日参りといって、 葬儀の翌日に寺院へ訪問し、お布施の支払いと初七日法要の打ち合せをおこないます。 ここでは、茶菓子程度で簡単な法要をすます事が、初七日にあたります。

通夜そのものも静かに質素に行われます。
葬儀は通夜、告別式、火葬、三日参り、初七日の順で行われ、初七日まで祭壇を飾っておきます。 以前は、通夜には「目覚まし」のために菓子を持参していましたが、最近では香典に代わっています。 また、長崎では通夜そのものも静かに質素に行われ、一部には通夜を行わない地域もあるようです。 もちろん、酒や魚介類を出すところはごく少ないようです。

死者の魂の浄化や死のケガレをはらう「宝冠」。
出棺は、縁側から棺を出すしきたりがあります。郡部では出棺の際、近親者全員が白布をかぶって棺に手を添え、霊柩車まで葬列するところもあります。 また、出棺の際、出口から霊柩車までの短い間だけでも遺族や親近者などが葬列を組むという「野辺送り」の名残が残るしきたりがあります。 平戸市ではこの時、頭に三角の布を巻きます。 これは「宝冠」と呼ばれる死装束の一部で、「故人と同じ死装束を身に着けて三途の川の手前まで見送ります」という気持ちを表しています。 「宝冠」は冠の一種、死者の顔をおおう「顔かくし」の変形ともいわれています。 白は清純無垢につながるため、死者の魂の浄化や死のケガレをはらう意味もあります。

水をかけることには「お清め」の意味「水かけぎもん」。
長崎県の対馬には、故人の着ものをつるして、7日程度の間、朝晩毎日水をかける「水かけぎもん」の風習があります。「逆さぎもん」ともいわれます。 このとき、着ものは裏返しにします。なぜ、こうした風習が行われているのかははっきりとしませんが、水をかけることには「お清め」の意味が見てとれるため、 死を穢れと考える神道の影響をうけているものと思われます。 また、「水かけぎもん」というのは、「水かけ着もの」が訛って定着した呼び名のようです。

どこで葬儀をするか大切です。
仏式の場合、通夜や葬儀を自宅で行うのが長崎では一般的ですが、現在の住まいの状況から、最近は団地の集会所を利用することも多いです。 寺院を借りることも多くあります。菩提寺を利用できない時は、宗派の同じ寺院を利用できます。 長崎県は公営の葬儀場、葬儀専門の会館も多数あります。

北海道でのご葬儀体験談


体験した時期 2000年
地域 長崎県東彼杵郡波佐見町
体験者情報 30代女性
体験内容 波佐見町では隣保班が形成されていて、班の誰かが亡くなると、班の全員が仕事を休んで家での葬儀の準備を手伝います。 町内で働いている人は、班の人が亡くなったと言えば仕事を休むことができます。 しかし町外で働いている人は、班の人の葬儀だから休むなんて言っても通じないので大変です。 基本的に手伝いは炊き出しなどです。

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved