新潟県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 新潟県の対応地域

新潟県 対応地域

  • 新潟市
  • 新発田市
  • 妙高市
  • 上越市
  • 胎内市
  • 聖籠町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594


新潟県 葬儀・お葬式の特徴

緑の多い祭壇です。
祭壇は関東では白、関西は緑・青が多く使用されていて庭園や青竹など緑をたくさん盛り込んだものになっていますが、新潟ではこの関西風の祭壇飾りが多いのが特徴です。 一部地域では最低でも7日間は祭壇飾りをそのままにしておく風習があります。

葬儀、通夜は自宅が多くなっています。
新潟では浄土真宗の檀家が多いです。葬儀・通夜は自宅で行なう場合が多いのですが、新潟市では会館での葬儀が多いです。 通夜は午後7時頃はじまり、通夜の後には僧侶による法話があります。

紅白の水引をかけた「お見舞い」の表書きを用いた袋を通夜に用意!?
柏崎など新潟県の一部地域では、通夜の香典袋のほかに、紅白の水引をかけ、「お見舞い」の表書きを用いた袋を用意することがあります。 「入院中にはお見舞いに行けず今になってしまって申し訳ありませんが、どうぞ受け取ってください」という意味が込められていると言います。 遅ればせながらのお見舞金を、通夜の席でお渡しするという意味です。

親戚の香典は表書きに「御灯明」と書くことがあります。
新潟県でも通常は香典に「御霊前」を用いますが、親戚の場合は香典の表書きを「御灯明料」とすることがあります。 また、通夜には別途、「通夜見舞い」や、米を持参することがあります。

ろうそくの色を換えます。
新潟県の一部では、火葬を終えるまでは白いろうそくを使い、収骨の後の法要からは赤いろうそくに換えます。 これは、葬儀を終え、故人が仏様になったということをおめでたいと考えるという意味や、忌み事から切り替え、日常に戻るという意味など、さまざまな説があるようです。 同じような意味合いで、精進落しの席ではお赤飯を出したり、黒塗りのお膳から朱塗りのお膳に換える、という地域もあるそうです。

出棺の際に放生を行う風習があります。
農村部などには、出棺の際に、「放生」という風習が残っています。これは鳥を空に放ったり、池や川に魚を逃がすのです。 捕えられた生き物を助けることで、故人の功績を増やして、あの世で少しでも良い思いができるようにという願いがこめられています。

骨箱に骨を納めます。
新潟県では骨箱という入れ物に遺骨を収めます。骨箱は骨壷よりもサイズが大きめで、亡くなった人の大切な遺骨を全て収めることが可能です。 遺骨は祭壇に安置し、自宅で初七日法要を営みます。

佐渡地方には規則があります。
フェリーで遺体を運べない規則になっているため、佐渡の人が島外で亡くなった場合は島外で、逆の場合は佐渡で火葬するため、佐渡の葬儀は火葬後に行うのが一般的です。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved