岡山県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 岡山県の対応地域

岡山県 対応地域

  • 岡山市
  • 倉敷市
  • 玉野市
  • 赤磐市
  • 早島町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594


岡山県 葬儀・お葬式の特徴

出棺の前の「立飯(たちは)」という風習。
岡山県では、出棺前に故人と最後の膳を囲む行事として、「立飯(たちは)」という風習があります。 この「立飯」、美作地方の一部では僧侶と喪主が生米や塩を食べるまねをする場合もあります。 最後に故人と共に食べる食事の意味です。

小さな七本の塔婆、七本塔婆。
火葬当日に納骨をする場合は、小さな七本の塔婆を用意し、四十九日までの7日間ごとの供養として一本ずつ立てていく「七本塔婆(しちほんとうば)」という風習が残っています。 板塔婆は角塔婆の薄型で,葬儀の日や忌中の間7日ごとに1本ずつたてる七本塔婆はさらに年忌塔婆があり、いずれも供養塔です。 経木塔婆を笹塔婆ともいい、板塔婆をさらに薄くし、長さも短くしたもので、盆、彼岸、年忌などに墓へ供えられます。 塔婆は故人にとって冥土の旅路に杖となっていきます。橋のない川でも塔婆を杖代わりについていけば、川を渡り、月明かりすらないような村についても、塔婆が道しるべになるようです。 地域によっては、抜いた塔婆をお墓で焚くこともあるようです。

皆で夜を共にする静かな通夜。
岡山県では、通夜のことを「夜伽(よとぎ)」と呼ぶことがあります。 一部では「伽(とぎ)」とも言われ、この「夜伽」には、故人の横で夜通し寝ずに過ごすという意味ですから、故人が淋しくならないように、 皆で夜を共にするという、通夜本来の考え方からくる呼び名といえます。 また、近親者だけで行う場合も多く、茶菓子程度の質素なものが殆どで、茶菓子を一袋ずつ弔問客に手渡しするところもあるようです。

香典の名残り。
香典とは本来「故人にお供えするお香をお求め下さい」という意味のお金で、故人への思い、遺族への慰めや励ましの気持ちを形にしたものです。 備中地方では香典のことを「くがい」といいます。これは米を香典としていたことの名残であると言われています。 また、おもに、香典返しは当日行なうことが多くなっています。

放生の儀式
農村部などでは、「放生(ほうじょう)」といって、故人の子供や孫の手によって、鳥を空に放ったり、池や川に魚を逃がす風習が一部に残っています。 この放生とは、仏教儀式の「放生会(ほうじょうえ)」から派生した儀式で、捕らえられた生き物を逃がすことで、功徳を積むことができるという意味合いがあります。 これには「生き物を助けることで、故人があの世ですこしでも良い思いができるように」との願いがこめられています。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved