佐賀県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 佐賀県の対応地域

佐賀県 対応地域

  • 佐賀市
  • 鹿島市
  • 小城市
  • 嬉野市
  • 基山町
  • 有田町
  • 大町町
  • 江北町
  • 白石町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594


佐賀県 葬儀・お葬式の特徴

佐賀県では、身内だけの仮通夜行われます。
死亡が午後の場合には納棺をしないで仮通夜を行い、24時間後に納棺し本通夜をします。 そのため、葬儀・火葬を午前中にする例が多いです。身内だけの仮通夜を先に行い、慰問を受ける通夜を本通夜とし告別式に近い形で営む傾向も増えてきています。 東南部には、火葬が先に行われ、自宅か寺院で骨葬が営まれる例もあります。祭壇崩しは初七日が過ぎてから行います。

枕飾りには枕団子を供えます。
ほとんどの家庭が、通夜・葬儀も自宅で行なわれます。枕飾りには枕団子を供えますが、枕団子の数は6個が多く、49個だったり地域によって異なります。

出棺前の質素な食事「出立ちの膳」と四十九日
葬儀の前に身内だけで「出立ちの膳」を食べます。 また、仏教では本来、忌明けとなる四十九日までは殺生となる肉や魚を食べることを控えるので、通夜振舞いの食事も基本的には精進料理ですが、 茶とお菓子だけで済まされる地域や、参列者全員に振る舞う地域もあります。 「49」という数字は、葬儀で49というと「四十九日」を思い出します。この風習も、四十九日まで個人が食べ物に困りませんように、という思いから始まったという説があります。

出棺の際の儀式。
出棺の際、「茶碗割り」や「棺回し」、農村部などでは、「放生(ほうじょう)」といって、鳥を空に放ったり、池や川に魚を逃がす風習が一部に残っています。 「放生(ほうじょう)」の儀式とは、捕らえられた生き物を逃がすことで徳を積むという意味合いがあります。 これには「生き物を助けることで、故人があの世ですこしでも良い思いができるように」との願いがこめられています。 「茶碗割り」と「棺回し」は、故人が迷わず成仏することや、家に戻ってこられないようにして、迷いなくあの世へ旅立っていってほしいという願いがこめられているというものと言われています。

三度回しは現世での罪をなくすための修行!?
出棺の際に故人の愛用していた茶碗を割るしきたりが全国でありますが、福岡にも広く見られます。 これは、故人の愛用品を壊すことで、「もう帰ってくる場所はありませんよ」と教え、現世への未練を断つという意味があると言われています。 また、一部地域には、出棺の際に近親者で棺を持ち、3度ぐるぐると回すというしきたりが見られます。 これは、「三度回し」「棺回し」などと呼ばれ、棺を回すことで故人の方向感覚を無くし、家に戻ってこられないようにするためで、 迷いなくあの世へ旅立っていってほしいという願いがこめられているのではないでしょうか。 他にも「回る」という行為が、仏教の修行にも多く見られたり、お遍路さんが聖なる場所を回ったりすることから、 「回る」という儀式を行うことで現世での罪をなくすための修行を行っているとする「減罪信仰」からとも言われています。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved