滋賀県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 滋賀県の対応地域

滋賀県 対応地域

  • 大津市
  • 彦根市
  • 近江八幡市
  • 草津市
  • 守山市
  • 栗東市
  • 野洲市
  • 東近江市
  • 竜王町
  • 愛荘町
  • 豊郷町
  • 甲良町
  • 多賀町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594


滋賀県 葬儀・お葬式の特徴

自宅葬儀の出棺の際に地域によって出し方が異なります。
湖北地域(米原より北部)のうち、彦根より南の地域では、玄関口より柩を出すことが多くあります。
また、村々により「頭」から出るまたは「足」からでるなど出棺の在り方も異なるそうです。
一方で彦根より南の地域は自宅の縁側より出棺します。ここでも「頭」から出たり、「足」からでたりと村によって異なります。 最終的には取り仕切りの長老クラスの年配者の意見を聞くことです。
中には窓から棺を運び出すという場合もあるそうです。
わざわざ出入りしにくい場所から出棺するのにはわけがあり、人が出入りする場所である玄関を、死者の魂が出入りしないようにという意味が込められています。 縁側や窓からただ出て行くのはいいが、戻ってこられないようにという意味です。
ちなみに、彦根市では棺を玄関から出した所で読経をする「門勤め」の式が行なわれます。

通夜で焼香を行いません。
通夜では、焼香がなく、お悔やみもいわずに、遺族と共に僧侶の読経に合わせてお経を読むだけというところがあります 。

葬儀後に香典を渡します。
葬儀は近隣の人の手伝いによって行なわれます。
普通は葬儀の前に受付で香典を渡しますが、滋賀県の一部地域では、葬儀・告別式が終わった翌日の会食時に香典を持参する「こうぎ」と呼ばれる風習があります。 だから隣組など近隣に住んでいる参列者は葬儀が終わった後に香典を渡します。 それ以外の地域や、近隣住民以外の一般参列者は、葬儀会場の受付で香典を出し、香典返しを受け取って帰るという一般的な流れです。

額にかみそりをあてる「おかみそり」という儀式を行います。
滋賀県の葬儀では、近親者のみで最後のお別れのときに僧侶が故人の額にかみそりをあてる儀式が行われています。 これは浄土真宗のしきたりで、仏弟子になるという意味の儀式で、本当に頭を剃るわけではなく、剃るふりをします。「おかみそり」とよびます。

火葬が終わって家に帰ってきたら・・・
火葬の後、玄関で塩をふりかけてから家に入り、還骨勤行を行ないます。そのあと会食である「お仕上げ」をとります。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved