島根県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 島根県の対応地域

島根県 対応地域

  • 松江市
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594


島根県 葬儀・お葬式の特徴

天寿全うしたら赤飯の振る舞い。
お葬式に島根県の沿岸部などでは、故人が大往生だった場合、葬儀に赤飯が配られることがあります。 一般的におめでたい食事という印象の赤飯で、一説では、天寿を全うされて、安らかに旅立った故人の人生をお祝いするという意味が込められているといいます。 縁起直しの行為として食べたり、古来では赤には邪気を祓い厄を除ける力があるとされていたことなどがその理由です。 赤い色をした赤飯は、禍を福に転じさせる縁起直しの意味合いがあり、日常と非日常を切り替える通過儀礼として食べられるようになったのです。

ほとんどが自宅での通夜と賑やかな通夜ぶるまい。
故人との別れの最後の夜ということで、僧侶の読経の中、近親者、知人が焼香をします。
それが終了すると、故人の供養のため親しい人たちが集まり軽い宴席を囲む通夜ぶるまいが一般的です。 故人との最後の食事ですので、ご遺族からすすめられた場合は一口でも箸をつけるのが礼儀とされています。
島根では、斎場ではなく自宅葬を行う場合もまだまだ残っています。自宅葬の場合、夜の開始時間が特に決まっていないことがあります。 弔問客は各々が適当な時間に喪家へ伺い、焼香をしたり、亡くなった人を偲んで通夜ぶるまいを囲んだりします。 自宅での通夜がほとんどですので、通夜の夜は近所の人たちが大勢集まって、亡くなった人の親族とともに賑やかな夜となることがほとんどです。

通夜の本来の呼び名「夜伽(よとぎ)」。
島根県の松江市では、葬儀は寺院で行われますが、その他の地域では、通夜や葬儀を自宅で行う場合が少なくありません。 島根県では、通夜のことを「夜伽(よとぎ)」と呼び、自宅で行われる場合、通夜の時間は決まっていません。 弔問客は各々任意の時間に喪家に赴いて焼香しますから、「夜伽」は一晩中に状態になるようです。 通夜というのはもともと故人の傍らに親近者が集まって夜通し行われていたものですから、島根県の「夜伽」は本来のかたちに近い通夜と言えるかもしれません。

竹の門で邪気を払う。
死者を出した家が入口に「忌中」と書いた張り紙をする風習は全国に広く見られますが、島根県の松江市など一部地域では、忌中のしるしとして門の両側に2本の竹を立てます。 この竹には「門を清めて邪気を払う」という意味合いがあるようです。また、死霊を祓うという意味合いもあります。
出棺の際、仮の門をくぐらせる習わしで、萱や竹でつくられるものとは少し違うようです。
島根県の一部(出雲地方)では、一般家庭の庭先に代々の墓を置いてあるところもあるようです。

出雲大社を中心にした生活。
島根県では、葬儀に出すことを「広島に行く」と言ったりします。 神様が集まる場所が出雲大社であり、亡くなった人の霊が集まる場所が島根県に住む人たちにとっては広島県の巌島の弥山となります。
島根県の一部には、出棺の際、棺に白いさらしの布を結びつけ、その端を近親者の女性が持って引っ張る「善の綱」「円の綱」という別れの儀式を行う風習があります。
島根県の人々は昔からこの出雲大社を中心に生活を行ってきていますので、葬儀の時も出雲大社のことをまず第一に考えます。 全国では一般的に友引のときには葬儀が行われない地域が多いのですが、出雲大社を汚さないために、大安の日に葬儀をすることを避けることもあります。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved