静岡県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 静岡県の対応地域

静岡県 対応地域

  • 浜松市
  • 沼津市
  • 熱海市
  • 三島市
  • 富士宮市
  • 島田市
  • 富士市
  • 磐田市
  • 焼津市
  • 掛川市
  • 藤枝市
  • 袋井市
  • 裾野市
  • 湖西市
  • 御前崎市
  • 菊川市
  • 伊豆の国市
  • 牧之原市
  • 函南町
  • 清水町
  • 長泉町
  • 吉田町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
※静岡県一部地域では、お寺様とのお付き合いがある方の直葬をお断りしております。
 詳しくはお電話にてフリーダイヤルまでお問い合わせください。

フリーダイヤル 0120-377-594

静岡県のご葬儀体験談はこちら

静岡県 葬儀・お葬式の特徴

前火葬と後火葬、両方あります。
静岡県では火葬をしてから葬儀を行うことが一般的ですが、その家によって通夜、葬儀が終わった後に火葬を行う場合と、通夜の翌朝に火葬をして、その後で葬儀・告別式を行う場合があります。 菩提寺によって葬儀の順番が違うという場合もあります。またその家代々の葬儀のやり方がそのような順になっている場合もあります。そして火葬後すぐに納骨するところもあります。

隣組織が機能しています。
県内各地に「弔組」が残されていて寺院との連絡やお葬式の準備などを手伝っています。都市部では葬儀社が行ないます。

「梅花講」とは?
通夜に「梅花講」といってご詠歌を鉦やりんを鳴らして唱えるところがあります。

長寿の祝い銭を配ります。
静岡県では、故人が大往生した場合、紅白の紐を穴に通した5円玉を香典返しで渡します。 これは長寿を全うした故人にあやかることができるといわれており、縁起の良いものとして考えられています。 また、葬式組の「年寄り講」と呼ばれる老人たちが太鼓をたたき、遺族と僧侶がお題目を唱える風習が残っている地域もあり、 このときは「志」と書いた袋に百円をいれ、葬式組の人たちに配ります。

墓地へ出向く際に額に白い三角の紙をつける地域もあります。
静岡県では、墓地へ向かう際に遺族や近親者が額に白い三角の紙をつける風習があります。この白い三角の紙は仏教で宝冠と呼ばれています。これは死装束の一部です。 故人と同じ格好をすることで、三途の川を渡るところまでは、私たちも一緒に行って見送りますという意味があります。

「南無阿弥陀仏」を唱えます。
葬儀の当日に埋葬する家では、霊柩車あるいは墓地まで葬列を組む場合があります。その際、宗派の別なく「南無阿弥陀仏」を唱えます。 出棺直前に納棺する風習もあります。

「仮門」から棺を出します。
沼津市周辺では、棺は「仮門」から出すというところもあります。仮門とは、アーチ状に組んだ二本の笹竹で、玄関の両側で二人が持ちます。 柩が出されると、柩の置かれてあった座敷をはき出すといった習慣が県内各地にあります。

香典返しはお茶が多いのです。
静岡県の香典返しでは高級で上質なお茶の葉を渡すことが多いです。お茶の名産地ならではの特徴です。

撒き銭を行います。
静岡県では、葬儀後すぐに納骨を行います。墓地へ向かう際に小銭やお米を撒く「撒き銭」が行われます。 竹でゆるく編んだ花籠というかごが竹竿の先にくくりつけてあり、かごの底には和紙をひき、故人の年齢の数だけ小銭を入れます。 十字路の真ん中などで立ち止まり、かごを振って小銭を落とします。 分け隔てなく広くほどこしをすることによって、故人の功績が増えると考えられており、あの世で良い思いができるようにとの願いが込められています。

静岡県でのご葬儀体験談


体験した時期 2003年頃
地域 静岡県御殿場市
体験者情報 50代女性
体験内容 知人から聞いたお話です。 知人の娘さんが御殿場に嫁がれ、お身内に御不幸があり知人もお通夜に参列した時のことです。 お通夜が終わり、ふつうは「お寿司でもつまんでいってください」と通夜振舞いがあると思っていたのですが、出されたのは「おはぎ」だったそうです。 はじめてのことで、とても驚いたと話していました。

体験した時期 1989年~現在
地域 静岡県三島市
体験者情報 50代女性
体験内容 1989年に関東から静岡の三島に嫁ぎました。 葬儀、火葬のあと、その日のうちにお墓に納骨しました。 納骨は四十九日にするものとばかり思い込んでいたのでとても驚きました。 もちろん、寺の檀家でお墓のある家に限るとは思いますが。 今年、舅が亡くなりましたが火葬後初七日の供養をしていただき、当日納骨しました。

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved