栃木県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 栃木県の対応地域

栃木県 対応地域

  • 宇都宮市
  • 足利市
  • 栃木市
  • 佐野市
  • 鹿沼市
  • 日光市
  • 小山市
  • 真岡市
  • 大田原市
  • 矢板市
  • 那須塩原市
  • さくら市
  • 下野市
  • 上三川町
  • 益子町
  • 芳賀町
  • 壬生町
  • 野木町
  • 塩谷町
  • 高根沢町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594

栃木県のご葬儀体験談はこちら

栃木県 葬儀・お葬式の特徴

隣組が葬儀を取り仕切ります
栃木県では、「隣組」と呼ばれる地域の班で団結しての葬儀をとりおこなうという特徴があります。 区長や班長など、その地域の代表者が葬儀委員長として中心になって葬儀を取り仕切ります。 現在では通夜ぶるまいや葬儀後の法要で出される料理の準備、葬儀の受付などを行いますが、 昔は葬儀の連絡なども隣組が行い、遠方へ葬儀の知らせに出かけることもあったようです。

葬儀・火葬の際に「組念仏」や「百万遍」が行われます。
地域の隣組などの組織が、親族と一緒に一つの大きく長い数珠を手に持ち、念仏を唱えながら数珠を繰り、 横に回していくという、「百万遍」の儀式を行う風習が、宇都宮をはじめとする栃木県内で広く見られています。 皆で念仏を唱えることで、そのありがたさが何倍にもなると考えられていて、唱えた「南無阿弥陀仏」の回数は人数倍になるとされています。 あの世へ旅立つ故人へのはなむけとして行われています。

出棺時には「花籠振り」、出棺後に「めかい籠」を掃く風習があります。
出棺時には、色とりどりの色紙やで作ったお金を入れた籠を竹竿の先につけて振る「花籠振り」をしたり、 出棺後に「めかい籠」を下庭に掃きころがすという風習があります。 棺が自宅を出てから、亡くなった方の棺を置いていた場所にめかいを置き、そのめかいをほうきなどで縁側へ向かって外へ掃き出します。 これは目には見えない邪気を家の中から外へ祓うための行為となります。 青竹で「死門」と呼ばれる仮門を作って、棺が行き来するときにはこの死門をくぐらせるというところもあります。

神道の考えから残った風習があります。
「七日ざらし」の風習があります。故人の着物や衣服を家の裏に北向きで干し、 水をかけて常に濡れた状態にしておくもので「死の穢れを清める」という神道の考えからきている風習といわれています。 また栃木県の一部地域では、清めの塩と一緒に「鰹節」をかける風習があります。 神道のお葬式の祭壇には「神饌(しんせん)」といって食物をお供えしますが、 その中にこの「鰹節」も含まれることから、神道の影響とも考えられます。また、神葬を行っている地域もあります。

白いものを食べる習慣があります。
納棺の際、あるいは精進落としの際にも豆腐が出されます。 白いものを食べるということはお清めになる、という考えがあり、うどんを食べる地域もあるようです。 ここでの豆腐の切り方は真四角です。冷ややっこはだめだそうです。

申が付く暦の日には葬儀をしない地域があります。
栃木県では、昔からの風習として、申が付く暦の日には葬儀を行わないようになっている地域があります。 猿真似という言葉があるように、葬儀を繰り返すことがないようにという願いが込められています。

栃木県でのご葬儀体験談


体験した時期 2013年10月
地域 栃木県宇都宮市
体験者情報 80代男性
体験内容 葬式の会場に花輪を飾るのが、栃木県宇都宮市の周りにあります。 この花輪は商店の開店祝いで用いる花輪ですが、葬儀用になっています。 主に喪主、故人の兄弟及び故人の子どもの職場からの物が飾られます。 これは葬儀社に頼むと持ってきてくれます。

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved