徳島県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 徳島県の対応地域

徳島県 対応地域

  • 徳島市
  • 鳴門市
  • 小松島市
  • 吉野川市
  • 阿波市
  • 佐那河内村
  • 石井町
  • 神山町
  • 松茂町
  • 北島町
  • 藍住町
  • 板野町
  • 上板町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594


徳島県 葬儀・お葬式の特徴

徳島県では、徳を積む放生が行われます。
徳島県では、出棺の際に故人愛用の茶碗を割りますが、このとき、藁やおがらを炊いて送り出す地域もあります。 さらには、「放生(ほうじょう)」といって、鳩を空に放つ家も見られます。 放生とは、仏教儀式の「放生会(ほうじょうえ)」から派生した儀式で、捕らえられた生き物を逃がすことで徳を積むという意味合いがあります。 きっと、故人があの世ですこしでも良い思いができるようにとの願いがこめられているのでしょう。

通夜ぶるまいのきつねうどん。
徳島県では、近親者が通夜に訪れる際、香典とは別に「通夜見舞い」としてお菓子や酒を持参するしきたりがあります。 そして、通夜の後の通夜振舞いに「きつねうどん」を出すことが定番となっています。 うどんで有名な隣の香川ではなく徳島でのならわしというのは不思議ですが、うどんは手間がかからなことから、喪家の負担にならない通夜振舞いとして定着したようです。

副葬品の納棺。
納棺の際には、故人の愛用品や好きだったものを入れることがありますが、徳島県では、副葬品で納棺に際して、鋏、針、糸を入れたり、 あるいは、経帷子の袖の下に針の通っていない箇所があり、それを親族が1針ずつ縫う、といった風習もあります。

収骨後直ちに初七日。
徳島県の一部地域では、塩を体にふりかけながら、竹で模した小さな竹馬をまたぐならわしがあます。
火葬場から帰り、遺骨を安置した後に、初七日法要を行うのが一般的ですが、最近では告別式中に行うこともあります。 この地域では、これを「六日」(むいか)と呼び、初七日と同じ意味にあたります。

まないた直しの膳。
初七日法要のあとは、精進落としにあたる「まないた直し」の膳を囲み、故人を偲びます。昔は、四十九日の精進落しに向けて、まな板を削ったと言われています。 つまり、まな板を削って新しくして生ものをいただく準備をしているという意味ですが、要するに、四十九日に生ものをいただくことを「まな板直し」と呼んでいるようです。

野辺送りのような風習の現代版。
徳島県内郡部などの一部地域では、出棺した後に霊柩車がゆっくりと走り、その後を葬列を組んで、歩くしきたりが残っていたり、 式場出口や自宅玄関から霊柩車までのわずかな距離に葬列を組むこともあります。これは 野辺送りのような風習が残っているものと思われます。
葬列を組む文化は、土葬が一般的だった時代には広く行われていたものですが、火葬となり、霊柩車を利用するようになった現在でも残っているのでしょう。
また山間部では土葬の残る地域もあり、使われるのは丸棺で、埋葬の際、4人で神輿風に担いで6回まわり、その間に読経と焼香が行われています。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved