鳥取県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 鳥取県の対応地域

鳥取県 対応地域

  • 鳥取市
  • 倉吉市
  • 智頭町
  • 八頭町
  • 三朝町
  • 湯梨浜町
  • 琴浦町
  • 北栄町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594

鳥取県のご葬儀体験談はこちら

鳥取県 葬儀・お葬式の特徴

鳥取県の善の綱の風習。
鳥取県の一部には、出棺の際、門から霊柩車までの距離を取り、その間を移動する「そうれん」という風習が残る地域があります。 「そうれん」とは、もともと、棺を墓地や火葬場へ運ぶ「野辺送り」が残った風習で、その葬列で行われていたのが「善の綱」です。 このとき、棺に白いさらしの布を結びつけ、その端を近親者の女性が持ち引っ張る「善の綱(ぜんのつな)」という風習も同時に行われます。 来世に生まれるべきよい場所に導く綱という意味があります。「善の綱(ぜんのつな)」は、野辺送りで棺につないでいく引く綱のことです。 近親の女性や子供がこれを手にします白い布や、赤白の綱を使用します。 善の綱は、故人と血縁の近い人ほど棺に近い場所を持つのがならわしで、他にも「故人を善いところへ導く綱」という意味があります。 白いさらし布は切れやすいということから「故人との縁を切る」つまりは別れのしきたりというわけなのです。

故人の横で夜通し過ごす通夜。
鳥取県では、通夜のことを「伽(とぎ)」と呼ぶことがあります。 一部では「夜伽(よとぎ)」とも言われ、この「夜伽」には、故人の横で夜通し過ごすという意味があることから、故人が淋しくならないように、 皆で夜を共にするという、通夜本来の考え方からくる呼び名といえます。

棺のふたを釘で打つ「釘打ちの儀」。
「最期のお別れ」「別れ花」が終わった後、棺のふたを釘で打つ「釘打ちの儀」を行います。 これは、喪主や遺族、近親者が小石で棺のふたに釘を二度打ちつける儀式です。 小石は三途の川の石を意味していて、三途の川を無事に渡れるようにとの思いを込め行うものです。 ですから、かなづちや木槌は使われません。釘うちは形式的に軽く釘を打ちます。

拾骨あるいは骨上げの順番。
火葬が終わると人は骨になり、その骨を遺族や来てくれた方々が拾い上げることを拾骨あるいは骨上げといいます。
地域によって拾い方の習慣が異なりますが、拾骨には特に順番はありませんが、一般的には、配偶者・長男・長女(既婚)・次女(既婚)で、未婚の三女がいたとしたら、長男の次になるそうです。 これは、他家へ嫁いだ姉より先のようです。そして長男の嫁・長女の夫・次女の夫、それから孫の順番になります。後はお父様のご兄弟とかになるようです。
各部の主だった骨だけ収骨するにしても、違いがあります。一人ひとりが箸で拾い上げて収骨するところもあれば、一組の箸を二人で持って収骨る方法もあります。
故人をこの世からあの世への三途の川の渡しをしてあげるという意味に由来しているようです。
そして、最後に、喪主が喉仏を拾うのもあるようです。

鳥取県でのご葬儀体験談


体験した時期 1997年頃
地域 鳥取県米子市
体験者情報 30代女性
体験内容 お葬式の時に、参列している男性何人かで棺をお墓まで運んでいました。 さらに、その男性たち全員が、頭に幽霊が頭につけているような白い三角の布が付いているものを巻いていました。 わたしの父は東京生まれの東京育ちなので、抵抗があったようですが、しっかり巻いていました。

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved