富山県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 富山県の対応地域

富山県 対応地域

  • 富山市
  • 高岡市
  • 魚津市
  • 氷見市
  • 滑川市
  • 黒部市
  • 砺波市
  • 小矢部市
  • 南砺市
  • 射水市
  • 舟橋村
  • 上市町
  • 立山町
  • 入善町
  • 朝日町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594


富山県 葬儀・お葬式の特徴

友引でも葬儀を行います。
富山県では友引でも葬儀を行います。ただ友引に葬儀を出す場合は、棺の中に人形を入れます。

赤飯を出すのは長寿を全うしたからなのです。
富山県の一部の地区では長寿を全うして大往生した人のお葬儀では参列客に対し赤飯を出す風習が残っています。 これは一説では天寿を全うした故人が旅立つ事や、その大往生の人生を祝うという意味が込められているといわれています。 あるいは赤色が邪気を祓う効果がある事を期待した為という説や、いわゆる「縁起直し」という期待を込めて赤飯が炊かれたとも考えられています。

棺に白い布を結びます。
富山県には、棺に「善の綱(ぜんのつな)」と呼ばれる白いさらしの布を結びつけて、端を近親者の女性や子供が持って引っ張るという行為が出棺のときに行われています。 もともとは、棺を墓地や火葬場へ運ぶ葬列で行われていたしきたりで、現在では行われることは少なくなり、白い布を手に持つという形で代用することが増えているようです。 善の綱には故人を善いところへ導く綱という意味があります。

四華花(しかばな)を飾ります。
富山県内では、木の棒に細長く切った紙を沢山挟んだものを葬儀の際に祭壇に飾ります。これを「四華花(死華花)」とよびます。 お釈迦様が亡くなったとき、東西南北に生えている沙羅双樹が時ならぬ真っ白な花を咲かせたことにちなんでいるようです。

呉西では喪主は白装束で火葬場へ行きます。
出棺の際の服装が呉東と呉西で異なります。呉東では普通の喪服ですが、呉西では喪主・親族は白装束を着けます。 実は、古来日本では喪服の色は白だったのです。逆に黒とは現在でも結婚式に出席する既婚女性が黒い留袖を着るように、おめでたい席で着る色だったのです。 喪服の白と黒が逆転したのは、明治時代です。明治時代に政府が、黒を喪の色とする西洋からの国賓の前でも恥ずかしくないようにとの思惑から、哀悼の意を表す色として黒を採用しました。

総骨上げをします。
骨あげの前に、僧侶に読経してもらいます。竹と木の箸で骨をはさみ、人から人へはさみ渡し、骨壺に納めていきます。 骨は足から頭部へと順に拾い上げていきます。ただ、のど仏はもっとも血縁の濃かった人が拾い納めます。 富山県では、遺骨のすべてを拾う総骨あげになっています。そのため骨壷は一般的な骨壺に比べ比較的大型になります。

出棺の前に「別れ飯」があります。
新川地区では、出棺の前に出立ちのご膳として食事を頂くことがあります。入善や旧婦中町では「別れ飯」とも言います。食べ残さないのがしきたりです。 現在では、廃止されたり、簡単に済ませたりされているようです。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved