和歌山県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 和歌山県の対応地域

和歌山県 対応地域

  • 和歌山市
  • 海南市
  • 紀の川市
  • 岩出市
  • 紀美野町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594


和歌山県 葬儀・お葬式の特徴

和歌山県では、還骨勤行が行われます。
和歌山県の一部では、お葬式が終わった後、火葬場から帰ってきた遺骨を家の後飾り祭壇に迎える際に行う儀式「還骨勤行(かんこつごんぎょう)」を営みます。 一般的には、葬儀を締めくくる儀式で遺族や会葬者が後飾りの祭壇の前に集まり、灯明をつけて線香を揚げて、僧侶に お経をあげてもらいますが、 和歌山県には「講」などの地域組織が残っており、「還骨勤行」の際には、「講」に属する年配の女性たちが集まって、仏教の教えを和歌にした「御詠歌」をうたうことがあります。 流派によっては、遺族や僧侶が、鈴(れい)や鉦鼓(しょうこ)で唱和します。

精進落しの膳
和歌山県では、通夜に僧侶が来ずに、「老人会」などによって読経が行われる場合が多いです。 また、「講」などの地域組織に属している年配の女性が集まり、歌を詠う「還骨勤行(かんこつごんぎょう)」を営みそして還骨勤行が終わった後には、 精進落しの膳を囲むのがならわしとなっています。

出棺の時のしきたりと喪服扇。
和歌山では、出棺に際して、個人が愛用していた茶碗を割り、藁をたく、などが行われると同時に扇子を破って屋根に上げるしきたりのあるところもあります。 扇子というと一般的にはおめでたいことやお祝いごとの時に持ち歩くものなのですが、和歌山県では扇子を葬儀に持って行くという習わしがあります。 黒い骨で組み立てられている光沢がない質素な扇子を持っていきます。そのため葬儀の時に使われる扇子は、喪服扇や不祝儀扇と言われています。 和装の場合は内側に携帯しておき、葬儀が終わったら取り出して破ります。そしてその破った扇子を屋根の上に投げます。

本山に遺骨を納骨
また、宗旨・宗派の大元、つまり本山に遺骨を納骨できるのです。本山納骨は古くから行われている納骨方法です。 焼いた骨を一部だけ納骨し、百か日たってから本山へ分骨したものを納骨にいくのです。近年は分骨ではなくすべての遺骨を納める人も増えています。
本当に仏教を信仰しているのならば本山に納骨するというのが本来なのかもしれません。

三隣亡でもお葬式を避けています。
和歌山では、檀家が出資して葬具類を揃えている地域もあり、貸出しをするところもあるようです。
また、よく「死者が友を引き、連れて行ってしまう」とされ、多くの地域がお葬式を避ける六曜の「友引」ですが、 和歌山県ではこの友引に加えて、暦注の「三隣亡(さんりんぼう)」の日にもお葬式を避ける地域が多くあります。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved