山形県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 山形県の対応地域

山形県 対応地域

  • 山形市
  • 上山市
  • 山辺町
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594


山形県 葬儀・お葬式の特徴

「告げ人(つげにん)」が菩提寺へ
山形県の一部では、男性二人が一組になって、地域や菩提寺へ訃報を伝えに行く風習があります。この人を「告げ人」と呼ぶのです。 忌を避けるために男性2人一組となって動くのが基本になっています。

通夜を「おつうや」と呼びます。
おつうやでは「念仏講」や「観音講」という地域組織に属している年配の女性が集まり、歌を詠います。 「御詠歌」と言われる仏教の教えを五・七・五・七・七の和歌にしてある優しい雰囲気の歌です。 流派によっては仏具の鈴(れい)や、雅楽で使う金属の打楽器・鉦鼓(しょうこ)を用いて御詠歌を唱和します。

米沢・山形地方の風習とは
山形県ではほぼ全域で葬儀の前に火葬をします。米沢・山形地方では、理由はよくわかっていませんが、「火葬の際に故人にわざとボロボロの着物を着せる」という風習があります。 また出棺の際には必ず玄関以外の出入り口を使います。火葬場からお骨が戻ってきた際には家じゅうの出入り口に味噌と塩を置くという風習もこの地方独自のものです。

庄内地方の風習とは
お通夜で玄関に忌札を下げた時から、講中の人たちによって念仏が唱えられ、葬儀の前日まで続きます。 祭壇は海運の関係で関西からの文化が入ったせいか、関東式ではなく関西式の「庭式祭壇飾り」という様式の祭壇が祀られることが多いようです。 ちなみに関西式の祭壇では自然をあしらった緑色の飾りつけが多く行われ、関東様式の白を基調とした祭壇とは大きく趣を異にしています。

祭壇飾りは盛大です。
県全域的に、山形県では葬儀の祭壇飾りは盛大で、出棺後も最低一週間はそのまま祭壇飾りをそのままにして置き、一種の「忌中」の代わりにするという風習があります。

五七法要を葬儀の当日にします。
一般的には初七日の次の法要は四十九日というのが常識ですが、仏教では本来、故人があの世へ辿り着くまでの期間を四十九日とし、 四十九日までは7日ごとに二七日、三七日、四七日…という法要が七七日(7×7=49日)まで続くことになっています。 しかし現実問題として毎週法要を行うことは困難です。仏教上では五七日(35日法要)は四十九日法要に次いで重要という考え方もあり、 かといって四十九日を直近に控え五七法要を行うことも困難、かといって省略もならずということで、 山形県の広い地方で葬儀当日に初七日法要だけでなく五七日法要までを繰り上げて行う、という風習が定着しています。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved