山口県の対応地域をご紹介致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 15.2万直葬プラン
28.4万一日葬プラン
44.6万二日葬プラン 生花のご注文
対応地域 / 山口県の対応地域

山口県 対応地域

  • 山口市
 
※ご注意点
ご希望の市町村に斎場がない場合や混雑している場合などに、近隣の市の斎場へご案内する可能性があります。
表記されてない地域でも対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-377-594


山口県 葬儀・お葬式の特徴

山口県では、香典とともにお供え物。
山口県の農村部では、香典を出す際、お供え物として米や農作物を持ち寄ることもあります。 一般的には、果物やお菓子などのお供え物をすることが多いです。そして、この供物は、お葬式の間に食されたり、皆で持ち帰ったりします。 多くの地域でみられる「通夜振舞い」と同じ意味合いを持つ風習と思われます。

近隣組織の活躍。
山口県では、通夜や葬儀の7割以上が自宅で行われ、近隣組織が手伝いとして活躍します。
通夜・葬儀とも7割以上が自宅で行なわれるのでこの方法が古くから続いています。
また、寺院葬が約2割くらいのようです。
葬儀のあと、門口で故人の大切に使っていた茶碗を割ったり送り火をたいたりする風習が残されており、仏壇のみで葬儀を行なう地域もあります。

精進落としと精進料理。
葬儀の後で食べられる「精進落とし」には、各地にさまざまなしきたりや、独特の呼び名がありますが、山口県では、この時に食べるお膳を「立飯(たちは)」と呼びます。 「立飯」では、故人との食い別れとして、大豆やご飯のおこげを食べるようですが、なぜ、それを食べるのかははっきりとしていません。 また、地域によっては初七日の法要のあとには、「まないたばらい」という精進料理を取るところもあります。
一般的に香典返しは忌明けに行なわれています。

枕飯と枕だんご
山口県では、茶碗に盛り切りにした一膳かぎりのご飯にお箸を2本垂直に立てたものを枕飯とよび、地域によっては、人は亡くなってから善光寺詣りに行くので、 その道中のお弁当として枕団子や枕飯を供えると考えられています。このように、枕飯や枕だんごを供えて故人を供養する習慣は昔から残っています。

枕飾り
亡くなった人を自宅に安置するとき、遺体の枕元(またはその傍ら)に置く台(供物台)のことを枕飾りといいます。
地域や宗派によって台に置くものが異なることがります。
山口県では枕飾りにそろえるものは三具足(香炉、燭台、花立て)です。
遺体は、北または西に向けて安置され、遺体の上や枕元には、魔除けとして刃物が置かれます。
通夜の前には僧侶がやってきて、遺体の枕元で枕経をあげます。

土葬の時代の野辺送りが変化。
火葬が一般化した今でも、門から霊柩車までのわずかな距離を葬列を組んで移動することが、山口県の一部地域で見られます。 かつて、棺を墓地や火葬場まで運ぶことが葬送儀礼の中心となっていて、お葬式とはすなわち、「野辺送り」のことを指していました。 土葬の時代の野辺送りが変化して残っている風習と考えられ、葬列は、ちょうちん、位牌、遺影写真、四華花(しかばな)、棺などの順に並びます。 霊柩車に棺を納めた後は、それぞれ車に乗って火葬場へ向かい、火葬場では持参した位牌や四華花などを設置し、読経と焼香を行います。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved