<--->

全国対応の斎場ねっと 葬儀関係の専門用語を解説致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 生花のご注文
葬儀用語集 / あ行
あ行の葬儀用語

調べたい言葉をクリックすると説明文が表示されます。

後飾り 【あとかざり】

火葬場から戻ってきた遺骨を、安置する祭壇の事です。
多くは二段か三段の作りになり、上段には遺骨、
下段には遺影・位牌・燭台・線香・香炉・花・供物などを置きます。
四十九日の忌明けまで毎日灯明をともし、焼香して故人の冥福を祈ります。

安置 【あんち】

丁寧に据え置く事です。神仏の像や遺体に対して使われます。

遺影 【いえい】

故人のために作られる写真、もしくは肖像画の事です。

家墓 【いえはか】

先祖より受け継がれている、墓石に「○○家の墓」と家名が刻まれているお墓の事です。
ご家族または同一姓の親族の遺骨を共同で納める形態のお墓です。

位号 【いごう】

位牌などで戒名の下につけられる文字の事です。
年齢や性別、信仰心の厚さなどにより変わります。

遺骨 【いこつ】

火葬して骨になった故人の事です。
一体(たい)、もしくは一柱(はしら)と数える事が多いです。

遺産 【いさん】

故人が生存中に所有していた財産及びその他の有形的・無形的価値の事です。
預貯金・現金・土地・家屋・事業用財産・有価証券・家庭用財産等、
金銭に見積もりのできる経済的価値のあるものの他、
借地権・電話加入権・著作権・貸付金等も含まれます。
本来の相続財産以外の死亡保険金・各種保険金・死亡退職金も「みなし相続財産」となります。

遺族 【いぞく】

故人のご家族・ご親族の事です。

遺体 【いたい】

魂が去って遺(のこ)された身体の意です。
「死体」よりも丁寧な言い方とされ、人間に対してのみに畏敬をもって使われます。

一膳飯 【いちぜんめし】

故人の枕元や祭壇に供える飯の事です。枕飯(まくらめし)ともいわれます。
故人が生前に使用していた茶碗に、ご飯を山盛りにして箸を中央に立てます。

一周忌 【いっしゅうき】

故人が亡くなられてからちょうど一年めの命日の事です。

一本線香 【いっぽんせんこう】

故人が亡くなられてから49日間、一本だけ焚く線香の事です。
故人にたいして線香の煙があの世へ導くと考え、あの世への道で迷わないよう一本のみ焚きます。

一本花 【いっぽんばな】

故人の枕元に供える花です。樒(しきみ)を用いる事が多く、一本だけ立てます。

遺灰 【いはい】

故人を火葬した後に残る、灰状の遺骨の事です。
近年では粉末状にした遺骨を遺灰とし、自然葬などの供養をされる方が増えています。

位牌 【いはい】

故人の戒名、法名を記した木製の札の事です。
数え方の単位に「柱(はしら)」、「基(き)」を用います。

院号 【いんごう】

戒名や法名の中で、「院」の字がついたものの事です。
生前にお寺を建立するほど寺院に貢献した人や、
社会的に貢献度の高い人が戒名の上位としてつけるもので、
元来は天皇をはじめとする皇族や、将軍家の戒名として用いられていました。
お寺への貢献度によるといわれ、
通常の戒名・法名をいただくよりもお布施を多くする事が通例です。

院殿号 【いんでんごう】

院殿号は戒名のひとつで、仏教への信仰心が篤く、
寺院を建立して寄進するほどの人でなければ贈られない最上位のものです。
本来は院号の下位でしたが、江戸時代以降、
実質上の権力者が院殿号を用いたため、事実上の最高位の諡号とされています。

引導 【いんどう】

仏教における葬送儀礼の1つで、
葬儀において僧侶が故人に対して読経を行った後に、
読誦(どくじゅ)される法語及び法語などを授ける行為・作法の事です。
宗派ごとに作法が異なります。

氏神 【うじがみ】

氏子が住んでいる地域をお守りする神様の事です。
古くは同じ一族(氏族)が祀っていた神様を氏神様と言っていましたが、
後に地域の守り神を意味するようになりました。

氏子 【うじこ】

氏神が守護する地域(神社のある地域)に住む人々の事です。

打敷 【うちしき】

仏壇・仏具などの敷物で、仏壇を飾る荘厳具の一種です。
通常は三角形で金欄製のものが多いですが、宗派によりさまざまな種類の打敷きがあります。

産土神社 【うぶすなじんじゃ】

その人その人の生まれた土地を守る神を祀っている神社の事です。
通常は両親の住んでいた自宅近辺にあります。

盂蘭盆 【うらぼん】

父母や先祖の霊を家に迎え、冥福を祈る行事の事です。
現在では「お盆」という方が一般的になってきています。
7月15日を中心に行われますが、一月遅れの8月13日から15日に行うところも多いです。

永代供養 【えいたいくよう】

寺院が永代にわたり、故人の供養をする事です。
近年では生前より永代供養を希望する中高年の方が増えています。

永代供養墓 【えいたいくようぼ】

寺院が責任持ち、永代にわたり供養と管理をしてもらえるお墓の事です。
他の人と一緒の墓、もしくは同じ納骨室に安置される事が多いです。

エンバーミング

遺体衛生保全の事で、遺体を消毒や防腐、必要であれば修復を行う処置の事です。
エンバーマーと呼ばれる葬儀の専門の技術者や、
医学資格を有した医療従事者によって化学的・外科学的に遺体を処理され、
数日から2週間程度までは常温での保存が可能です。
遺体の輸送や葬儀を行う順番等で時間がかかる際に用いる場合があります。

往生 【おうじょう】

仏教において、この世で命を終えた後、他の世界に往(い)って生を受ける事です。

黄檗宗 【おうばくしゅう】

隠元を宗祖、お釈迦様を本尊とする、仏教宗旨のひとつです。
坐禅を行う事により悟りを得て、仏となろうとする禅宗の一つで、
念仏と禅宗を組み合わせた「念仏禅」が教えです。

お清め 【おきよめ】

死の穢(けが)れをはらいきよめる事です。
死穢(しえ)は伝染すると考えられていて、穢れを払うために飲食を行っていた名残りで、
葬儀後や通夜後の飲食を指します。主に関東方面で使用される事が多いです。

お斎 【おとき】

葬儀や法事の後に行う食事の事で、香典のお返しの意味もあります。

お布施 【おふせ】

読経や戒名を頂いた謝礼として僧侶(お坊さん)へわたす金品の事です。

お別れ会 【おわかれかい】

ご家族・近親者だけで葬儀を行い、後日改めて、
故人やご遺族の友人・知人および関係者などを招き、故人とのお別れをしていただく会の事です。

お別れの儀 【おわかれのぎ】

火葬を行うための出棺を前にし、棺の蓋を外して主にご遺族らが遺体と対面し、
お花やお手紙等を棺におさめる最後の別れのときの事です。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved