<--->

全国対応の斎場ねっと 葬儀関係の専門用語を解説致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 生花のご注文
葬儀用語集 / は行
は行の葬儀用語

調べたい言葉をクリックすると説明文が表示されます。

墓 【はか】

遺骨、または遺体を収める場所の事です。
一般には墓石などの目印を置き、その墓石を指して「お墓」と言うことが多いです。

箸渡し 【はしわたし】

火葬後に遺骨を骨壺の中に入れる際に、順に渡して骨壺に収める事です。
二人同時に一つの骨を箸でつまむようにして行う事も指します。

花輪 【はなわ】

生花または造花を輪状に組み合わせた物の事です。「花環」とも書きます。
慶弔に供える事が多く、葬儀の際には白と黒を基調としたものが使用されます。

花環 【はなわ】

生花または造花を輪状に組み合わせた物の事です。「花輪」とも書きます。
慶弔に供える事が多く、葬儀の際には白と黒を基調としたものが使用されます。

彼岸 【ひがん】

春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた各7日間の事です。
日本独自の行事で、お寺の法要やお墓参りに行き、故人を偲びます。

棺 【ひつぎ】

遺体を納めて葬るための器の事です。中に何も入っていない状態では「棺」と書きます。
木製の場合は木棺、石造の場合は石棺と言います。

柩 【ひつぎ】

遺体を納めて葬るための器の事です。遺体が納められたものを「柩」と書きます。

病理解剖 【びょうりかいぼう】

病死である事が明らかな場合、死に至るまでの病気の有様を医学的に明らかにする解剖の事です。

副葬品 【ふくそうひん】

故人を埋葬する際、遺体に添えて納める品物の事です。生前の愛用品などを納めます。

服喪 【ふくも】

近親者が亡くなられた後に、特定の期間外出などを控え行いを慎しむ事です。

布施 【ふせ】

僧侶に、仏事の際に謝礼として渡す金銭や品物の事です。

仏教 【ぶっきょう】

仏陀(ぶっだ)の教えで、悟りと解脱を求めようとする宗教の事です。
キリスト教、イスラム教に並ぶ世界三大宗教の一つで、
日本で行われる葬儀の多くが仏教式の葬儀です。

仏具 【ぶつぐ】

仏前を荘厳(しょうごん)したり、葬儀、法要に用いる道具の事です。
香炉・燭台(ローソク立て)・花立てなど、様々な仏具があります。

仏式 【ぶっしき】

仏教の形式で行う葬儀などの事です。

仏前 【ぶつぜん】

仏壇や位牌の前の事、または香典や供物の上書きに使用する語の事です。
上書きにおいて、49日の後は「御仏前」、それまでは「御霊前」を使用します。

仏壇 【ぶつだん】

仏や位牌と共にご先祖様や亡くなられた親族を祀る、礼拝する壇の事です。
現在では時代の変化と共に、様々な種類の仏壇があります。

仏弟子 【ぶつでし】

仏教の信者の事です。

仏門 【ぶつもん】

仏の説いた道の事です。「仏門に入る」とは出家するという意味です。

墳墓 【ふんぼ】

墓地内に設けられた個々のお墓の事です。

幣帛 【へいはく・みてぐら】

神道において、神前に奉げるものの総称の事です。
元々は布地を表していましたが、
現在では、布地以外にも紙や玉、衣服、お酒、貨幣などをお供えします。

返礼品 【へんれいひん】

通夜や告別式に弔問に訪れた方々に、お礼として振る舞う品物の事です。
「通夜返礼品」、「会葬返礼品」、「香典返し」などがあります。

法会 【ほうえ】

仏法を説くためや供養を行うための僧侶の集会の事です。

法号 【ほうごう】

日蓮宗系(日蓮正宗を除く)においての「戒名」の事です。

法事 【ほうじ】

親族や関係者が集まって、故人の冥福を祈り供養する儀式の事です。

法相宗 【ほうそうしゅう】

窺基(慈恩大師)を宗祖、弥勒菩薩を本尊とする、仏教宗旨のひとつです。
唯識を教えとし、葬儀を行わない宗派のひとつです。

法名 【ほうみょう】

浄土真宗における「戒名」の事です。

芳名板 【ほうめいばん】

供花を供えた人の名前をその都度、花に名札をつけて示すのではなく、
名前だけを別に一覧にして示す形式の事です。
芳名板を利用するときは並べ順には意味をもたないという事で「順不同」とされています。

法要 【ほうよう】

住職・僧侶にお経をあげてもらう事です。現在では「法事」と同様の意味合いで使われています。

墓所 【ぼしょ】

個々のお墓が建っている所の事です。

墓石 【ぼせき】

お墓のしるしに建てた石の事です。
故人の戒名・姓名・没年を刻むことが多く、
墓石の事を指して「お墓」という事も多くなっています。

菩提寺 【ぼだいじ】

先祖代々のお墓のあるお寺の事です。葬式や法事をお願いするお寺でもあります。

墓地 【ぼち】

お墓を設けるために、墓地として都道府県知事の許可を受けた区域の事です。

盆 【ぼん】

先祖の霊を家に迎え、供養する行事の事です。
現在では、8月13日から16日までの4日間が一般的です。

本葬 【ほんそう】

予め密葬の形で、身内だけで葬儀を終えた後に、正式な葬儀を改めて行う事です。
社会的影響力のある有名な方が亡くなられた場合によく見られます。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved