<--->

全国対応の斎場ねっと 葬儀関係の専門用語を解説致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 生花のご注文
葬儀用語集 / か行
か行の葬儀用語

調べたい言葉をクリックすると説明文が表示されます。

開眼供養 【かいげんくよう】

新しいお墓へお墓としての魂を入れる儀式の事です。
仏像を造る際に最後に眼を描き込んで仕上げ、
そこで初めて仏像として完成するという事から、後に儀式化しました。

改葬 【かいそう】

お墓に埋葬されている遺骨を別のお墓に移して供養する事です。
改葬には手続きが必要で、自分の家のお墓であっても自由に遺骨を持ち出す事はできません。
手続きには「移転先の受入証明書の発行」、「現在のお墓の管理者からの埋葬証明書の発行」、
「お墓のある市区町村の役所からの改葬許可証の発行」等の各種手続きが必要です。

会葬 【かいそう】

葬儀・告別式に参列する事です。似たような意味ですが、お通夜の際には「弔問」になります。

会葬礼状 【かいそうれいじょう】

葬儀や告別式で会葬者へ出すお礼状の事です。近年では受付などで渡す事が多いです。

会葬礼品 【かいそうれいひん】

通夜や告別式への会葬者に対して会葬のお礼としてのお返しの品の事です。

解剖 【かいぼう】

死亡の原因や原因解明のために行われる遺体の解体の事です。
「司法解剖」「行政解剖」「病理解剖」等があります。

戒名 【かいみょう】

故人に仏弟子として浄土に往生するために、僧侶(お坊さん)から授けてもらう名前の事です。
本来は出家して仏門に入り、守るべき戒律を受け入れた仏の弟子に与えられる名前です。

海洋葬 【かいようそう】

「自然葬」の一種で、遺体を火葬後、その遺骨を海に散骨し供養する葬儀の事です。

戒律 【かいりつ】

修行する者の生活規律を表す、宗教用語の事です。
一般的には各々の宗教の信者が信仰生活において、守るべき規則の事を指して使います。

火葬 【かそう】

葬法の一つで、遺体を火で焼く事によって処理し、
残った骨だけを壺や箱に納めて埋葬する事です。
遺体の焼却を伴う葬儀全体の事も指します。

火葬許可証 【かそうきょかしょう】

役所にて死亡届が受理された後、
火葬許可申請書を提出すると交付される火葬を行うために必要な許可証の事です。
通例では葬儀社が手続きを代行する事が多いです。

火葬証明書 【かそうしょうめいしょ】

火葬した遺骨の身元を証明する書類の事です。
遺骨の一部を別のお墓などに移す「分骨」を行う際に必要です。

火葬場 【かそうば・かそうじょう】

遺体を火葬するための施設の事です。

月忌 【がっき】

毎月の故人の命日にあたる日および、その日に行う法事の事です。

合掌 【がっしょう】

両手のひらを胸、または顔の前で合わせる礼拝の仕草の事です。

合葬墓 【がっそうぼ】

ご家族ごとではなく、広く共同に利用するお墓の事です。
骨壷ごとで収納するところと、骨壷から開けて、
故人を特定できない形で収納するところとがあります。
「永代供養墓」は仏教的表現になるため、公営や民営では「合葬墓」と言います。

鉦 【かね】

お皿のような形をした、槌などで叩いて鳴らす金属製の仏具の事です。

神棚 【かみだな】

お家や会社の事務所などに設けられる、小さな神社のような神様をまつるための棚の事です。

神棚封じ 【かみだなふうじ】

ご家族のどなたかが亡くなられた際、神棚に白紙(白い半紙)を貼り、封印する事です。
神棚の正面を隠すように白い半紙を貼り、
死の穢れが神棚という神聖な場所に入らないように行います。

唐木仏壇 【からきぶつだん】

黒檀・紫檀・鉄刀木などの唐木が使用された仏壇の事です。
木材の色や美しい木目を生かしたつくりが特徴です。

仮通夜 【かりつや】

故人が亡くなられた当日に行われるお通夜の事で、
本通夜に先立ちご家族とご親族だけで行われます。

仮霊舎 【かりれいしゃ・かりのみたまや】

神葬において、霊璽(仏式での位牌)を忌明けまで安置しておく霊舎の事です。

カロート

お墓の下にある地下部分に設ける骨壷を収納する場所の事です。

棺桶 【かんおけ】

遺体を納めて葬るための器の事です。
中に何も入っていない状態の事で、「棺」と同様です。

還骨勤行 【かんこつごんぎょう】

火葬された遺骨を、後飾り祭壇が設置された葬儀場や、
自宅などへお迎えするときに行なう儀式の事です。
遺骨が還ってきましたら、
火葬場に同行されなかった方に清めのためのお塩と水を用意してもらい、
お清めをし、遺骨・位牌・遺影などを安置し、
僧侶(お坊さん)に読経・供養してもらい、焼香をします。
宗派により「還骨法要」ともいいます。

還骨法要 【かんこつほうよう】

「還骨勤行」同様の儀式で、宗派により「還骨法要」といいます。

灌頂 【かんじょう】

仏教で水を頭に注ぐ儀式の事で、お墓に水を注ぐ事も指します。

忌明け 【きあけ】

故人の冥福を祈り、喪に服す期間を終える日の事です。
一般では四十九日(忌中)を終える日を指します。

北枕 【きたまくら】

頭(枕)を北へ、足を南へ向けて寝る事です。
一般的に縁起が悪いとされていますが、
風水では良いとされる事もあり、その限りではありません。

帰家祭 【きかさい】

神道において無事に葬儀を終えた事を神に奉告する儀式の事です。
火葬場から戻った後、遺骨と霊璽(仏式での位牌)を仮霊舎に安置し、葬儀を終えた事を示します。

帰家修祓の儀 【きかしゅうばつのぎ】

火葬場から戻った際、斎場に入る前に斎場の前でお祓いをし、
手水の儀を行い、清めの塩をまく儀式の事です。

忌中 【きちゅう】

穢れ(けがれ)である死を忌み、穢れを祝いの場へ持ち込まない期間の事です。
一般的には故人が亡くなられてから四十九日の期間を指します。

忌中払い 【きちゅうばらい】

四十九日(忌中)の間では、
亡くなった方の冥福を祈る生活として精進料理を食べて故人の供養をし、
忌明けに精進落としで肉や魚を食べて、通常の生活に戻るとする会食の事です。

忌中札 【きちゅうふだ】

身近な方が亡くなられた際に、玄関に貼る「忌中」と書いた紙・札の事です。
通夜・葬儀の日時や場所を書く事もあります。

危篤 【きとく】

病状もしくは容態が悪化し、生命がとても危険な状態の事です。

忌日 【きにち】

故人が亡くなられた日の事です。「命日」ともいいます。

逆修墓 【ぎゃくしゅうばか】

生前に、自分のためにお墓を建てる事で、縁起が良い事とされています。
彫った名前には朱墨を入れ、亡くなられた際には朱を消します。

脚絆 【きゃはん】

故人に着せる死装束の一つで、足に付ける服飾品の事です。
足を保護し、動きやすくするためにつける服装品で、
死後に修行の旅に出るという意味合いにより脚絆を巻きます。

柩前日供の儀 【きゅうぜんにっくのぎ】

納棺から出棺までの毎日朝夕に、故人が生前好んだ食べ物を供え、拝礼する儀式の事です。

帰幽奉告の儀 【きゆうほうこくのぎ】

神道における、神に帰幽(死亡)を奉告する儀式の事です。
遺族が代理人をたて、神社に死亡を報告し、それを受けて神官が行います。

供花 【きょうか】

式場や祭壇を飾るために供えるお花の事です。
お悔みの気持ちを伝えるためのものでもあり、遺族や親族、故人の関係者などが贈るほか、
遠方のため参列ができない人が贈る事があります。

経帷子 【きょうかたびら】

故人に着せる白い着物の死装束の事です。

行政解剖 【ぎょうせいかいぼう】

死因を解明するために行う解剖の中で、
犯罪性の疑いが認められない場合に適用される解剖の事です。
事件や犯罪の疑いはないものの、外見だけでは死亡原因が判断できない場合に行われます。
事件性が認められる場合は「司法解剖」になります。

享年 【きょうねん】

「天から享(う)けた年数」という意味で、生きていた年数、
もしくは亡くなられたときの年齢の事です。

清め塩 【きよめじお】

神道で、葬儀の後、自宅に入る前に自身を清めるため、振り掛ける塩の事です。
仏教においては「死は穢れたものではない」とし、清め塩を用いない事もあります。

清祓いの儀 【きよはらいのぎ】

神道の霊祭で、五十日祭の翌日に行う儀式の事です。
神棚を封じていた白紙を取り去り、忌が明けて通常の生活に戻すために行います。

キリスト教 【~きょう】

イエスをキリスト(救世主)と信じ、イエスの教えを奉じる宗教の事です。
仏教、イスラム教と並ぶ世界三大宗教の一つで、
カトリック、東方正教会、プロテスタントなど様々な教派があります。

金仏壇 【きんぶつだん】

白木に漆を塗り、金箔や金粉を施す仏壇の事です。
日本古来の伝統工芸の技法が集約されており、技巧による豪華さが特徴です。

釘打ち 【くぎうち】

出棺の際に、ご遺族で棺のふたに釘を打つ事です。
石を用いて釘を打っていましたが、現在では金づちを用いるのが一般的になってきています。

供華 【くげ】

仏堂などで仏前に供え飾る花の事です。
これに由来し、葬儀で花を供える事は「供花」と書き「きょうか」と呼び、
区別するのが通例です。

鯨幕 【くじらまく】

白黒の縦縞で構成される、葬儀の際に内側や周囲に張る幕の事です。

具足 【ぐそく】

法要などで仏前を飾る道具の事です。

区民葬 【くみんそう】

東京23区内の各自治体で、区民を対象に提供している葬儀サービスの事です。

供物 【くもつ】

神様や仏様、あるいはご先祖や故人のためにご仏前にお供えする、お菓子や果物等の事です。

供養 【くよう】

故人に供物や花を供え、その冥福を祈る事です。
動物や人の生活に密接した物・道具に対しての供養も行われています。

華厳宗 【けごんしゅう】

杜順を宗祖、毘盧舎那仏(びるしゃなぶつ)を本尊とする、仏教宗旨のひとつです。
華厳経を経典とした教えの宗派です。

結界 【けっかい】

清浄な領域と普通の領域との区切りの事です。
一定の場所を区切り、その内側を聖域として外側から不浄なものが入らないようにします。
仏式の葬儀では「幕」を、神式では「しめ縄」で結界を作ります。

検案 【けんあん】

病院以外で亡くなられた方の死因、死亡時刻、異状死でないかを医学的に確認する事です。

献花 【けんか】

キリスト教や無宗教の葬儀において、霊前や神前に花を供える事です。
仏式では焼香にあたり、参列者が一人ずつ花を供えていきます。

検死 【けんし】

医師が死体を解剖せずに、外表面を検査して死因・死後経過時間などを判断する事です。

献体 【けんたい】

医師や歯科医師をめざす学生の教育や研究のために、
自らの遺体を無報酬・無条件で解剖実習に提供する事です。

献灯 【けんとう】

葬儀前にろうそくなどに火を灯す事です。
無宗教での葬儀などでは、焼香や献花の代わりにろうそくに火を灯し、
故人に捧げる様式もみられます。

献盃 【けんばい】

神仏に杯をお供えする事、または法要の後のお清めの事です。

公営墓地 【こうえいぼち】

都道府県や市町村などの各自治体や、
そこから委託された公益法人が管理・運営している墓地の事です。
一般に住民に対して使用が認められていて、
内容は管理・運営する自治体により異なっています。

合祀 【ごうし】

2社または2柱以上の神様を1つの神社に合せ祀(まつ)る事です。
ある神社にまつってあった神様を、他の神社に移して一緒にまつる事でもあります。

合祀祭 【ごうしさい】

神道で、忌明けの五十日祭から百日祭の間に、
仮霊舎におまつりしていた故人の霊祀を祖霊舎に移し、合祀する儀式の事です。

公正証書遺言 【こうせいしょうしょゆいごん】

公証役場で公証人に作成してもらう遺言の事です。
2人以上の証人に立ち会ってもらい、遺言者が公証人の面前で遺言の内容を口授し、
それに基づいて公証人が遺言者の真意を正確に文章にまとめて作成します。
公証人によって保管されますので、紛失や偽造される心配もなく確実性が高いのですが、
費用がかかってしまうデメリットもあります。

香典 【こうでん】

線香・抹香や花の代わりに死者の霊前に供えるもので、
通夜や告別式で持参する金品の不祝儀の事です。
香典の金額の目安としては、両親や兄弟姉妹の場合では約5万円~10万円、
祖父母や親戚では1万円~2万円、友人・知人・仕事関係等では5千円~1万円くらいです。

香典返し 【こうでんがえし】

通夜や葬儀で故人にお供えいただいた金品(香典)へのお返しの事です。
香典の金額の三分の一から半額程度の品と、挨拶状を添えて返すのが一般的です。

合同葬 【ごうどうそう】

故人が勤められていた会社・団体・機関と、ご遺族が共同で行う社葬の一種である葬儀の事です。
また、災害などにより多数の死者が出た際に、遺族もその災害の被災者になっていて、
喪家単位で葬儀をあげる事が困難な場合、複数の故人を合同で弔う葬儀の事も指します。

香炉 【こうろ】

香を焚くための器具の事です。
仏前においては三具足・五具足の一つで、花瓶・燭台とともに供えます。

互助会 【ごじょかい】

葬儀等、いずれやってくる将来のセレモニーに備え、会費を積み立ててゆくシステムの事です。

告別式 【こくべつしき】

故人と最後のお別れをする儀式の事です。
葬儀とは厳密には異なり、葬儀は遺族が故人の冥福を祈り葬る儀式をさし、
告別式は故人と親交があった人が故人に最後の別れを告げる儀式という違いがあります。

五具足 【ごぐそく】

法要などで仏前を飾る道具(具足)で、香炉一つと燭台(灯立)一対、花立一対で一組となる仏具の事です。

極楽 【ごくらく】

阿弥陀仏の浄土の事です。「幸福のあるところ」を意味します。

心付け 【こころづけ】

葬儀費用とは別に葬儀社の担当者や霊柩車等の運転手さん等にお渡しする金品の事です。
3000円~5000円くらいが一般的です。

輿 【こし】

葬列の際に棺を納めて担ぐためのものです。
平安時代から使われてきましたが、
大正時代に入ってから輿をかたどった霊柩車が使われるようになりました。

故人 【こじん】

亡くなられた人の事です。

骨上げ 【こつあげ】

火葬後の遺骨を箸で拾い骨壷に納める事です。
箸をそれぞれ1本ずつで1対にし、
二人一組になって一片の骨を挟んではし渡ししてから骨壺に入れます。
遺骨は足から頭に向かい、最後に喉仏を納めます。

骨壷 【こつつぼ】

火葬後の遺骨を納める壷の事です。
材質・大きさともに様々で、生前にあらかじめ用意しておく方もいます。

御仏前 【ごぶつぜん】

お供えする金品(香典)、供物の表書きの1つで、一般に忌み明け(四十九日)の後に用います。
それまでは「御霊前」を用います。また、仏は略字であり、正式には「佛」を使います。

呼名焼香 【こめいしょうこう】

焼香の順序を指名により行う事です。

御霊前 【ごれいぜん】

お供えする金品(香典)、供物の表書きの1つで、四十九日まで用います。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved