<--->

全国対応の斎場ねっと 葬儀関係の専門用語を解説致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 生花のご注文
葬儀用語集 / ま行
ま行の葬儀用語

調べたい言葉をクリックすると説明文が表示されます。

埋葬 【まいそう】

遺体や遺骨をお墓や納骨堂に納め、葬る事です。

埋葬許可証 【まいそうきょかしょう】

役所より交付される火葬許可証に、火葬済みの証印を受けた書類の事です。
埋葬の際、骨壷と一緒に墓地の管理事務所に提出するのに必要な書類です。

埋葬証明書 【まいそうしょうめいしょ】

「埋葬許可証」と同様の書類の事です。

枕飾り 【まくらかざり】

故人の遺体を自宅に安置した際に、遺体の枕元に飾る小さな祭壇の事です。
仏式においては小机に、
三具足(香炉・花瓶・燭台)・花・香・灯明・枕団子・枕飯・水などを供え、
神道においては台に三方を置き、水・塩・洗米・御神酒・常饌を供えます。

枕机 【まくらつくえ】

遺体の枕元に置いてお供物などを供える机の事です。枕飾りに使います。

枕直し 【まくらなおし】

遺体を北枕で安置する事です。
北枕で安置するのが困難な場合は頭を西に、
いずれの方向も適切では無い時は部屋の右手に頭がくるようにします。

枕花 【まくらばな】

遺体の枕元にお供えする花の事です。
故人と血縁の深い方や特に親しかった方が枕元に飾る花をさします。

枕飯 【まくらめし】

遺体の枕元に供える、新しく炊いたご飯を故人の愛用の茶碗に高く盛りつけ、
箸を立てて挿した物の事です。
箸は2本垂直に立てる事が多いです。

抹香 【まっこう】

葬儀・法事の際に行われる焼香で用いられるお香の事です。
樒(しきみ)の葉や皮を粉末にして作られます。

末期の水 【まつごのみず】

臨終時、あるいは亡くなられたばかりの人の口に、人生最後の水を含ませる事です。
「死に水」と同様です。

満中陰 【まんちゅういん】

故人が亡くなられて49日目にあたる日の事です。
この日に行われる法要は、葬儀の後に行う最初の大きな法要になります。

密葬 【みっそう】

故人の家族や、近しい親類・友人のみで小規模に行われる葬儀の事です。
密葬の後に社葬や偲ぶ会といった本葬を行う事もあります。

三具足 【みつぐそく】

法要などで仏前を飾る仏具の事です。
三具足は香炉・燭台・花立ての各一つずつで一組となります。

民営墓地 【みんえいぼち】

宗教法人や公益法人が運営・管理を行っている墓地の事です。
購入者の資格制限がなかったり、宗旨・宗派不問が多いので、
条件を気にせず選ぶことができる特徴があります。

無縁墳墓 【むえんふんぼ】

お墓の継承者や縁故者がいなくなったお墓の事です。
お墓の管理者に対して名乗り出るよう告示し、1年以内に申し出がなければ無縁とみなされます。

無家名墓 【むかめいばか】

家名の代わりに「夢」や「偲ぶ」などの言葉を墓石に刻んだお墓の事です。

無宗教葬 【むしゅうきょうそう】

仏教やキリスト教など宗教・宗旨宗派の葬儀方法や伝統的な作法によらず、
自由な形式で行う葬儀の事です。

命日 【めいにち】

故人が亡くなられた日の事です。
毎月の故人の亡くなられた日と同日を指し月(つき)命日といい、
毎年の同月同日を祥月(しょうつき)命日といいます。

冥福 【めいふく】

死後の世界(冥土)での幸せの事です。
葬儀の際に「ご冥福をお祈りします」との使用が一般的です。
仏教用語のため、キリスト教など他宗派の方、
また浄土真宗でも使われない言葉のため、使用の際には注意が必要です。

喪 【も】

近親者が亡くなられた後に、特定の期間外出などを控え行いを慎しむ事です。
「服喪」、「喪中」と同様です。

木鉦 【もくしょう】

仏教において、お経を唱る際にリズムを整えるために用いる法具の事です。
主に日蓮宗で使われ、「カンカン」と歯切れのよい音が特徴です。

喪主 【もしゅ】

葬儀など、故人の供養を中心となって行う人の事です。
故人と最も縁の深い人がなるのが一般的で、故人の配偶者や親、あるいは子、兄弟などが努めます。

喪章 【もしょう】

葬儀を行う際に、遺族や葬儀の関係者が故人を悼む気持ちを表すために身に付ける印の事です。
黒色のリボンや腕章などがあります。

喪中 【もちゅう】

近親者が亡くなられた後に、特定の期間外出などを控え行いを慎しむ事です。
「服喪」、「喪」と同様です。

喪服 【もふく】

葬儀や法事などに参加する際に着用する黒を基調とした礼服の事です。
江戸時代以前は喪服は白を基調としていましたが、
明治以降西欧にならって黒を基調としたものに変化していきました。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved