<--->

全国対応の斎場ねっと 葬儀関係の専門用語を解説致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 生花のご注文
葬儀用語集 / さ行
さ行の葬儀用語

調べたい言葉をクリックすると説明文が表示されます。

祭祀 【さいし】

慰霊のために神仏および祖先をまつる事です。

斎主 【さいしゅ】

神式の葬儀において中心になる、神事をつかさどる神官の事です。

斎場 【さいじょう】

通夜や葬儀・告別式を行う場所の事です。
葬儀が行われる場所の多様化により、
公営斎場・寺院・教会・葬儀会場などを広く斎場と呼びます。

祭壇 【さいだん】

葬儀・告別式に用いられる、遺影写真や供物を飾る装飾壇の事です。
執り行う葬儀のスタイル(神式・仏式・キリスト教式など)により様々な祭壇があります。

榊 【さかき】

神道において、神棚や祭壇にお供えするツバキ科の常緑樹の事です。
玉串奉奠(たまぐしほうてん)に使用する玉串に榊の枝を使います。

逆さごと 【さかさごと】

故人の衣装を左前に着せる、枕もとの屏風を逆さまに立てて飾るなど、
葬儀に関係するものごとを行う際、通常とは逆の方法で行う事です。

逆さ水 【さかさみず】

遺体を清める際に通常とは逆に、水に熱いお湯を入れる方法で「逆さごと」の一種です。

散骨 【さんこつ】

故人の遺体を火葬した後の焼骨を粉末状にし、海・空・山中などに撒く葬送方法の事です。

三方 【さんぽう】

神仏に物を供えるとき用いる、前・左・右の三方に穴を開けた台の事です。
仏式で使う際には三宝(仏・法・僧)にかけて三宝(さんぽう)と書かれる事もあります。

仕上げ 【しあげ】

主に関西において、葬儀後に会食などで関係者を労い、その費用の支払いをする事です。
関東では精進落しとも言います。

寺院境内墓地 【じいんけいだいぼち】

宗教法人の経営する墓地で、
当該の檀信徒・信者の故人の祭祀のために供されている墓地の事です。
原則として当該宗教法人の檀信徒以外は使用できません。

死穢 【しえ】

死の穢(けが)れの事です。
古代・中世において死は恐怖の対象であり、死は伝染すると信じられ、
遺体と接する遺族は死穢に染まっていると考えられており、
清められるべきものと考えられていました。

式辞 【しきじ】

儀式の席で述べる挨拶の言葉で、特に主催者側を代表して行う挨拶の事です。

樒 【しきみ】

寺や墓地に植えたり、仏壇のお供えにつかう植物で、シキミ科の常緑小高木の事です。
宗派に関係なくお供えに使われ、特に関西地域では葬儀の会場に飾る習慣があります。
独特の香りがあるので、樒を供える事はお香を焚くのと同じ意味を持ちます。

死後硬直 【しごこうちょく】

死後一定時間が経過すると骨格筋が強直し、体が硬くなる現象の事です。
環境温度や故人の体質などにもよりますが、
死後2~3時間で顎(あご)や首筋に始まり、半日ほどで全身に及びます。
法医学で、死後経過時間の判定に利用されます。

司祭 【しさい】

キリスト教においての位階の一つで、カトリックの神父の事です。

時宗 【じしゅう】

一遍を宗祖、阿弥陀如来を本尊とする、仏教宗旨のひとつです。
信仰の有無にかかわらず、「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」を唱えれば、
阿弥陀仏が衆生を救ってくれるとする教えです。

四十九日 【しじゅうくにち】

仏教で中陰(ちゅういん)と言われ、人が亡くなられてから次の生を受けるまでの49日間を指し、
日本では死者があの世へ旅立つ期間とも解釈されています。
死去した日を入れて、7日ごとに法事・法要を行い、
7日目が初七日(しょなのか)、14日目が二七日(ふたなのか)、21日目が三七日(みつなのか)、
28日目が四七日(よなのか)、35日目が五七日(いつなのか)、42日目が六七日(むつなのか)、
最後の49日目が七七日(しちしちひ)といい、満中陰(まんちゅういん)となります。
この49日間を「忌中(きちゅう)」ともいいます。

自然葬 【しぜんそう】

お墓ではなく、海や山などに遺体や遺灰を還す事により、
自然の大きな循環の中に回帰していこうとする葬送の方法の事です。

死体検案書 【したいけんあんしょ】

突然死や事故死、あるいは犯罪死・災害死など、
病院の医師では死因がはっきりしない異常死に際して、
警察医(監察医)が死体を検案し発行する証明書の事です。

死化粧 【しにげしょう】

遺体に対し体を清めた後、顔を整え、髭そりや口紅などで化粧を施す事です。

死装束 【しにしょうぞく】

故人に対して施される衣装の事です。
白を基調とする事から白装束(しろしょうぞく)とも称されます。
故人が生前に愛用していた衣服を着せる事もあり、地域や宗派によって異なる事もあります。

死に水 【しにみず】

死に際、または亡くなったばかりの故人の口をうるおすために、
人生最後の水を含ませる儀式の事です。

偲ぶ会 【しのぶかい】

通夜や葬儀とは別に故人に別れを告げるために催される会の事です。
形式などに特に決まりはなく様々です。

死斑 【しはん】

故人の皮膚に現れる、紫赤色あるいは紫青色の斑点の事です。
死後に血圧の消失や血流の停止に伴い、
血管内血液が自重により下方に沈下する事によって生ずるもので、
体位によって異なるが背部や臀(でん)部に現れる事が多いです。

自分葬 【じぶんそう】

故人が生前に自分の葬儀の行い方を企画し、その企画に沿って行う葬儀の事です。

司法解剖 【しほうかいぼう】

死因を解明するために行う解剖の中で、
犯罪に関係のある、またはその疑いのある場合に適用される解剖の事です。
刑事事件の処理を目的に、原則では最寄の大学の医学部での法医学者により行われます。

死亡広告 【しぼうこうこく】

葬儀、告別式の案内を新聞やインターネットに掲載する事、
もしくは人の死亡した旨を近親者などが新聞に広告する事です。

死亡診断書 【しぼうしんだんしょ】

医師、もしくは歯科医師が作成する死亡を確認する書類の事です。
病名、死因、死亡日時等が記されます。
死亡診断書を死亡届と合わせて役所に提出すると、火葬許可証が発行されます。

死亡届 【しぼうとどけ】

人が亡くなられた際、
戸籍を抹消するために死亡診断書または死体検案書をつけて役所に届け出する事です。
「戸籍法」には死亡届の届出義務者、届出期間などが規定されており、
死亡届が受理されませんと埋火葬許可証が出ないので、
葬儀を行うためには早く届出が必要です。
国内で死亡したときは7日以内、国外で死亡したときには3ヶ月以内に提出します。
届出先は死亡者本人の本籍地、
届出人の現住所地または死亡地のいずれかの市区町村の戸籍・住民登録窓口です。

市民葬 【しみんそう】

各自治体で、市民を対象に提供している葬儀サービスの事です。

社葬 【しゃそう】

規模の大小を問わず企業が主催して行う葬儀の事です。
功労者を追悼して志を受け継ぎ、企業評価を維持・向上する大切なセレモニーであり、
逝去から一か月後に行う事が通例です。

舎利 【しゃり】

サンスクリット語のシャリーラの音写で、「遺骨」の事です。
特にお釈迦さまの遺骨をさして仏舎利ともいいます。

収骨 【しゅうこつ】

火葬の後に、遺族や近しい人たちで遺骨を箸で拾い、骨壷などに収める事です。
骨上げともいいます。

宗旨 【しゅうし】

宗教・宗派の教義の中心となる趣旨の事です。

自由葬 【じゆうそう】

特定の宗教・宗派に捉われない自由な形で行われる葬儀の事です。
形式に特に決まりは無く、無宗教葬ともいいます。

授戒 【じゅかい】

仏門に入るため仏弟子として戒律を受ける事です。
キリスト教では「洗礼」といいます。

数珠 【じゅず】

穴が貫通した多くの珠に糸の束を通し輪にした仏具・法具の事です。
球の数は人間の百八の煩悩を表す108個が基本で、
宗旨宗派、男女により様々な種類があります。

出棺 【しゅっかん】

告別式を終えた後に、故人の遺体を納めた棺を霊柩車に乗せ、火葬場に向けて運ぶ事です。

出家 【しゅっけ】

家庭などとの関係を切り、世俗の生活を捨て、僧となって仏道を修行する事です。
また、その人の事も指します。

修祓 【しゅばつ】

神さまに祈り、心身の罪・穢れ・災いなどを取り去るために行う儀式の事で、
「お祓(はら)い」の事です。

樹木葬 【じゅもくそう】

樹木を目印として、墓地として許可を得た場所に遺骨を埋葬し、供養する方法です。
里山型といわれる樹木葬では、1人1本植樹する事から里山の環境保全に繋がるとされています。

焼香 【しょうこう】

葬儀・お葬式などの儀式において、故人を弔うために香を焚(た)く事です。
宗教・宗派により方法は様々で、
線香と抹香との方法の違いや「立礼焼香」「座礼焼香」「回し焼香」などがあります。

焼骨 【しょうこつ】

故人の遺体を焼いて骨にする事、またはその遺骨の事です。

荘厳 【しょうごん】

仏像や仏堂を美しく飾る事、またはその飾りの事です。

精進落とし 【しょうじんおとし】

本来は四十九日の忌明けに精進料理から通常の食事に戻す事でしたが、
現在では葬儀のあとに、お世話になった方の労をねぎらい、
感謝するための宴を精進落としとしている事が多くなっています。

常饌 【じょうせん】

神道において、故人が生前に日常食べていた物の事です。
神道では生もの控えるなどの決まりも無いため、
故人が生前好んでいたものであれば、肉や魚なども常饌としてお供えできます。

祥月命日 【しょうつきめいにち】

一周忌以降の故人の亡くなった月日と同じ月日の事です。
一般的な「命日」の事を指します。

浄土 【じょうど】

仏が住む欲望や苦しみのない世界の事です。

浄土宗 【じょうどしゅう】

法然を宗祖、阿弥陀如来を本尊とする、仏教宗旨のひとつです。
「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えて極楽浄土への往生を祈るのが教えです。

浄土真宗 【じょうどしんしゅう】

親鸞を宗祖、阿弥陀如来を本尊とする、仏教宗旨のひとつです。
親鸞の教えをもとにした浄土教の一つで、
阿弥陀如来の本願力を信じる事で往生するという絶対他力の立場をとっています。

成仏 【じょうぶつ】

悟りを開いで仏になる事です。この世に未練を残さず死んで仏になる事もさします。

精霊馬 【しょうりょううま】

盂蘭盆(お盆)の時期に、ナスやキュウリを用いて作る馬、または牛型の人形の事です。
先祖の霊を送り迎えする乗り物と言われています。

精霊棚 【しょうりょうだな】

盂蘭盆(お盆)に、先祖の精霊を迎えるために用意する棚の事です。
位牌を安置し、ナスの牛やキュウリの馬などを作って飾り、
季節の野菜・果物・故人の好物などを供えます。

除籍謄本 【じょせきとうほん】

死亡の他、婚姻や離婚、転籍等により、
その戸籍に記載されている人全員がいなくなった状態の戸籍を、
役所に発行してもらう書面の事です。

燭台 【しょくだい】

蝋燭(ろうそく)を立てて火を灯す台の事です。仏前を飾る三具足(仏具)の一つです。

初七日 【しょなのか】

故人が亡くなられた当日を加えて7日目に営まれる法事の事です。
現在では、葬儀の当日に済ませてしまう事が多いです。
葬儀当日に行なわなかった場合は、親族を集めて法要を行い会食いたします。

白木位牌 【しらきいはい】

葬儀の際、祭壇の上に安置するための仮の位牌の事です。
塗りのない位牌で、享年・俗名・戒名などが記されています。

真言宗 【しんごんしゅう】

空海(弘法大師)を宗祖、大日如来を本尊とする、仏教宗旨のひとつです。
真言密教の教えを教義としています。

寝台車 【しんだいしゃ】

葬儀において、病院等で亡くなった場合に自宅等に移送する事を目的とした車の事です。

神式 【しんしき】

神道の決まりに従って行う儀式の事です。
神道で行われる葬儀は仏式とは異なり、仏式では故人を極楽浄土に送るための葬儀ですが、
神式では故人の御霊をその家にとどめ、家の守護神となってもらうための儀式です。

神饌 【しんせん】

神様への供物として用いられる飲食物の総称の事です。

神道 【しんとう】

日本の古代から現代に続く民族信仰の事です。
山や川、太陽などの自然や自然現象への自然観に基づき、神への尊崇を中心に形成されています。

頭陀袋 【ずだぶくろ】

修行僧が経巻や僧具などを入れ首にかけて持ち歩く袋の事です。
また故人の弔いの際に首にかけてあげる袋の事もさします。

頭北面西 【ずほくめんさい】

故人の遺体の頭を北に向け、顔を西に向けて安置する事です。
お釈迦様が入滅した際の姿勢にならっています。

生花祭壇 【せいかさいだん】

葬儀において、生花を主体に装飾した祭壇の事です。

清拭 【せいしき】

故人の身体を拭いて清める事です。

生饌 【せいせん】

神道の葬儀の際に神前に供える食べ物(饌)のうち、洗米等の未調理の食べ物の事です。

生前予約 【せいぜんよやく】

自分の葬儀の内容や費用など、生前にあらかじめ依頼しておく事です。
葬儀の内容や予算を事前に決めておく事で故人の意思を葬儀に反映する事ができ、
遺族に負担をかけたくないという考え方から、近年広まっています。

施行 【せこう】

葬儀において、葬儀を執り行う事です。
必要な物品の提供(祭壇や棺等)および、
葬儀の企画・運営・進行・管理などのサービスを伴って行われます。

施主 【せしゅ】

葬儀の運営や費用の支払いについての責任者の事です。
主に個人葬では喪主の方が役割を兼任される事が多いため、喪主=施主とされていますが、
社葬の際や、喪主が未成年および高齢者の場合などでは施主を別に立てる事もあります。

前夜式 【ぜんやしき】

キリスト教のプロテスタントが自宅や教会で葬儀前夜に行う儀礼の事で、「通夜」の事です。
カトリックでは通夜の事を「通夜の祈り」といいます。

遷霊祭 【せんれいさい】

神道において、故人の魂を霊璽(れいじ)とよばれる神道の位牌にあたるものに、移す儀式の事です。

葬儀 【そうぎ】

故人の冥福を 祈り、別れを告げる儀式の事です。
看取りから納棺、お通夜、葬儀、告別式、火葬、納骨、
四十九日などと続く一連の流れ全体をさします。

葬儀告別式 【そうぎこくべつしき】

故人の友人や知人が、お別れをする儀式の事です。
葬儀は遺族や親近者によって営まれる儀式のため相違がありますが、
近年では二つの式を一つの流れで行われる事が多いです。

葬儀式 【そうぎしき】

故人を死後の世界に送るために営まれる、
仏教・キリスト教・神道など宗教儀礼として行われる儀式の事です。
近年では特定の宗教儀礼によらない葬儀式も見受けられます。

葬儀社 【そうぎしゃ】

葬儀においてのサービスを請け負う事業者の事です。「葬祭業者」と同様です。

葬具 【そうぐ】

葬式の際に必要な道具の総称の事です。
一般的には金具を用いず、白木や紙で出来たものが多くなっています。

葬家 【そうけ】

ご不幸のあったご家族の事です。
主に関東では「葬家」、関西では「喪家」と書き、「もけ」とも読まれます。

葬祭業者 【そうさいぎょうしゃ】

葬儀においてのサービスを請け負う事業者の事です。「葬儀社」と同様です。

葬祭ディレクター 【そうさい~】

葬祭業の専門職に特化した厚生労働省の認定資格の事です。
葬祭業の従事に当たり、この資格を取得する義務はありません。

葬場祭 【そうじょうさい】

神式において、仏式の葬儀・告別式にあたる故人に最後の別れを告げる儀式の事です。

曹洞宗 【そうとうしゅう】

道元と瑩山の二人を宗祖、釈迦如来(お釈迦さま)を本尊とする、仏教宗旨のひとつです。
福井県にある永平寺と横浜市にある總持寺の二つの大本山があります。

僧侶 【そうりょ】

出家して仏門に入った人の事です。お寺の責任者・代表者の僧侶を「住職」と言います。

葬列 【そうれつ】

葬送のために関係者が列を組み、火葬場、または墓地に運ぶ事です。
現代では遺体の運搬は霊柩車を、
遺族や親族はバスなどに分乗して火葬場へ向かうことが一般的になっています。

即日返し 【そくじつがえし】

通夜や葬儀の当日に、受付で渡す香典返しの返礼品の事です。
「当日返し」ともいいます。

粗供養 【そくよう】

供養を頂いたことに対するお返しの粗品の事です。
主に西日本で多く用いられ、ハンカチ・タオル・お茶などが一般的です。

卒塔婆 【そとば】

追善供養のために経文や題目などを書き、お墓の後ろに立てる塔の形をした縦長の板の事です。
サンスクリッド語の「ストゥーパ」という言葉が起源です。

祖霊 【それい】

神道において、家族・親族の祖先の霊の事です。

祖霊祭 【それいさい】

神道において、先祖の霊に対して行うお祭りの事です。

祖霊舎 【それいしゃ】

神道において、先祖代々の霊をあわせて祀る神棚の事です。仏式の仏壇にあたります。

尊厳死 【そんげんし】

過剰な延命措置をせず、人間らしく尊厳をもって死を迎える事です。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved