<--->

全国対応の斎場ねっと 葬儀関係の専門用語を解説致します

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 生花のご注文
葬儀用語集 / た行
た行の葬儀用語

調べたい言葉をクリックすると説明文が表示されます。

荼毘 【だび】

火葬の事です。パーリ語のジャーペーティ(燃やす、焚く)、の音写といわれています。

玉串 【たまぐし】

神前に捧げる、榊(さかき)の枝に紙垂(しで)という紙片を付けた物の事です。

玉串奉奠 【たまぐしほうてん】

神道において、玉串を正式参拝の際に神様への捧げものとして祭壇に奉納する事です。
仏式の焼香にあたります。

檀家 【だんか】

特定のお寺に所属して、そのお寺を支援する家の事です。
「お布施」という意味のサンスクリット語、「ダーナ」が語源で、
お布施によってお寺を支えている方々が「檀家」です。

団体葬 【だんたいそう】

団体が主催して行う葬儀の事です。企業が主催して行う「社葬」と同様です。

檀那寺 【だんなでら】

葬儀や供養をお願いする、檀家となっているお寺の事です。

中陰 【ちゅういん】

仏教で人が亡くなられてから次の生を受けるまでの四十九日間の事です。

弔辞 【ちょうじ】

故人を弔う、最後の別れの言葉の事です。
予め遺族から依頼された人が代表として読み、
故人の思い出や人柄、遺族へのお悔やみなどを語り、故人の冥福を祈る言葉で結びます。

手水の儀 【ちょうずのぎ】

神式の葬儀において、様々な儀式の前に身を清めるために行う儀式の事です。
入口に準備されている水の入った手桶を使い、水で手と口をすすぎ清めます。

弔電 【ちょうでん】

通夜や告別式に参列できない際に、遺族に対して、お悔やみを伝える電報の事です。
現在は電話・インターネット・郵便など様々な方法があります。

弔問 【ちょうもん】

故人の遺族を訪ね、お悔やみを述べる事です。

直葬 【ちょくそう】

お通夜や告別式などは行わずに、自宅、
または病院から直接火葬場に運び、火葬にする葬儀形式の事です。
近親者や友人など近しい関係者だけで執り行う事が多く、
シンプルなため葬儀費用を抑えられるメリットがあります。

追善供養 【ついぜんくよう】

生きている人が故人に対して行う供養の事です。
故人の命日に法事を行い、冥福を祈って供養します。

通夜 【つや】

葬儀の前夜に、遺族の方々が夜通し故人の霊を慰める儀式の事です。
故人のそばで夜を通して、ローソクの火や線香を絶やすことのないように見守ります。

通夜祭 【つやさい】

神道において、葬場祭の前夜に営む儀式の事です。仏式における「お通夜」の事です。

通夜振舞い 【つやぶるまい】

お通夜の後に、弔問客に対して食事や飲み物を振る舞う事です。

手甲 【てっこう】

死装束のひとつで、手の甲を覆う布や革の事です。

手水 【てみず】

神道において、神事の前に身を清めるために手を洗い、口をすすぐ儀式の事です。

手元供養 【てもとくよう】

故人の遺骨・遺灰や形見等を身近に置いて供養する事です。
故人を身近に感じ偲びたいという想いから近年増えてきています。

天台宗 【てんだいしゅう】

最澄を宗祖、釈迦如来(お釈迦さま)を本尊とする、仏教宗旨のひとつです。
妙法蓮華経(法華経)を根本経典としているため、天台法華宗とも呼ばれます。

道号 【どうごう】

僧侶が付ける号(別名)の事です。僧侶の名である法号(戒名)の上に付けられます。

導師 【どうし】

仏教を教える指導者、または葬儀や法要の際に故人の霊を弔う僧侶の事です。

灯明 【とうみょう】

神仏に捧げる灯火の事です。
油、またはろうそくを用い、息で吹き消さずに手や扇であおいで消します。

答礼 【とうれい】

葬儀において、会葬者の弔問に対して遺族などがお礼をする事です。

読経 【どきょう・どっきょう】

声に出してお経を読む事です。

土葬 【どそう】

故人の遺体をそのまま土中に埋葬する事です。宗教的な理由により、土葬される事も多いです。

友引 【ともびき】

何事を行っても勝ち負けがないといわれる日の事です。
日本では、「友を引く」という言葉のため、他人の死を誘うという理由から、
友引の日に葬儀を行うこと避ける傾向にあります。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All rights reserved