ご葬儀・お葬式で困る焼香の方法やマナー、いざという時に慌てないためのワンポイントアドバイスを掲載。

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 生花のご注文
全国斎場ねっと / 葬儀お役立ち情報 / 焼香のマナー
<< 葬儀のマナー
焼香のマナー

ご焼香とは

ご焼香

焼香【しょうこう】とお読みします。
ご葬儀やお葬式などの式にてお亡くなりになられた方を弔うため、抹香や線香などのお香を炊く事を焼香と言います。
ちなみに抹香【まっこう】とは、粉末状に細かくなっている線香の事を言います。
ご焼香の際は抹香を使う事が多く、それに関しての方法やマナーを説明させて頂きます。

焼香の種類と一般的な方法

■立礼焼香

1.お席を立ち、焼香台の少し手前にてご遺族に一礼、その後僧侶に一礼。
2.焼香台まで進み、遺影に向かって一礼。合掌した後に焼香開始。
3.お数珠を左手に掛けて、右手の親指・人差し指・中指の3本で抹香をつまむ。
4.額の高さまで持ってきて掲げ、その後香炉に静かに落とし入れます。
 抹香をつまんで落とす所作を1~3回繰り返します。
 宗派や会葬者の人数により回数は変わります。
 焼香はお気持ちが重要なので方法に関してはあまり気にしすぎる事はありませんが、
 最初に喪主様や周囲の方がなさるのをご覧になられた上で同様にされるのが無難かと思います。

5.遺影に向かい合掌して一礼、そのまま向きを変えず少し下がった後、ご遺族に向かい一礼。
6.静かにお席に戻って終了となります。

■座礼焼香

基本的には立礼焼香と同じです。
違う点は起ち上がらず膝行【しっこう】、膝退【しったい】と呼ばれる方法で移動します。
座ったまま上半身をかがめ、かかとを上げてつま先立ちのようにしながら膝を交互に出して進みます。
基本的に終始起ち上がらず、移動も座ったまま行われます。

■回し焼香

基本的なやり方はやはり立礼焼香と同じです。
お盆に乗った抹香と香炉が回ってきます。
回ってきたらまず次の人に一礼をして焼香を開始し、
終わったら遺影に合掌をして次の人にお盆を回します。
ご自宅でのご葬儀・お葬式や、法事の際によく行われるようです。

大事なのは故人様を弔うお気持ちです

宗派や混雑の度合いによって焼香の方法は変わってきます。
抹香を使わず線香での焼香なども地域や宗派によってはあるようです。
どのような場合でもお気持ちが重要、方法に関しては前の人にならっていれば大丈夫です。
但し線香の場合、火を消す際に息を吹きかけて消さず、手であおいで消す事、
この程度の常識さえ持ち合わせていれば大丈夫です。
恐らく会葬者のほとんどの方は、正式に焼香の作法を習っていないでしょう。
重ねて何度も言いますが、大事なのは心を込めて弔うお気持ちです。

<< 葬儀のマナー
0120-377-594
葬儀のお問合せ
葬儀総額見積書一覧

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All right reserved