病院でご逝去された場合、病院からご自宅にお戻りになるまでの流れに沿って詳しく説明します。

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 生花のご注文
全国斎場ねっと / 葬儀お役立ち情報 / ご逝去後病院から帰宅まで
<< ご危篤前からご逝去まで                          ご帰宅してから >>
ご逝去後病院から帰宅まで ~ ちょっと冷静になれるとき ~
1.寝台車によるご帰宅

霊安室から出発です。
少し冷静に状況が理解し始めている頃かと思います。
残された家族からすると、ここ(薄暗い冷たい霊安室)から早く出してあげて、
一番故人が戻りたがっていた自宅に帰してあげたい気持ちです。

葬儀社に寝台車を手配してもらい、自宅又はどうしても自宅に帰れない事情の際は、
斎場等の遺体安置所に送ってもらいます。
寝台車が到着し出発の準備が整えば医師・看護士などによるお見送りがあります。
ここで病院の真価が問われます。
ある大病院では看護士によるお見送りが、延々と続き中々お客様が帰る事ができない事もあります。
丁寧すぎるのもどうかと思う時もありますが…。

※ ご遺体の保存方法について
実はこの段階で選択する事があります。ご遺体の保存方法です。
日本のこれまでの常識では、ご遺体の保存方法として体の外からドライアイスをあてて、
腐敗の進行を遅らせるということでした。
しかし最近では欧米諸国が行っているような、ドライアイスをあてずにご遺体の保存が可能なエンバーミングという技術で、
闘病生活で変わったお顔も、以前の元気だった頃に近い形に修復する事が可能です。
また、病原体に感染していた場合も安心してお別れできたり、臭いの元となる腐敗の進行も防げます。
費用的にはドライアイスよりまだ高額ですし、火葬が前提となる日本の葬送では普及率は低いです。
しかし上記の理由により是非おすすめしたい保存方法ではあります。

2.菩提寺への連絡(菩提寺がない場合も)

菩提寺がある場合は、葬儀社に連絡すると同時に菩提寺にも連絡してください。お寺さんには連絡者・故人のお名前・年齢…などをお伝えします。
時間が遅い場合12時ぐらいまでなら連絡してもよいでしょう。深夜になってしまったら連絡は翌日にしたほうが良いかもしれません。

連絡する際に忘れてはいけないのは、
必ずお寺さんのご都合をお聞きする事です。
こちらで勝手に日時などを決めてしまう事は、お寺さんに対して非常に失礼にあたります。
その際お寺さんからは、通夜・葬儀の日時や場所(斎場)の予定を聞かれますので、
お寺さんのご都合を確認した上で、後ほど葬儀社と調整し、再度お寺さんにご連絡する段取りになるかと思います。

※ 霊園などに墓地をお持ちで菩提寺がない方
あとで葬儀社にその旨を伝えれば、お寺さんを紹介してくれます。
その時のポイントは、きちんとお寺がありお寺から来てくれる住職であるかどうかです。
その事だけは葬儀社に確認しておくのが良いでしょう。

<< ご危篤前からご逝去まで                          ご帰宅してから >>
0120-377-594
葬儀のお問合せ
葬儀総額見積書一覧

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All right reserved