病院から故人様と共にご帰宅されてからの流れを詳しく説明致します。

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 生花のご注文
全国斎場ねっと / 葬儀お役立ち情報 / ご帰宅してから
<< ご逝去後病院から帰宅まで                       葬儀の詳細打ち合わせ >>
ご帰宅してから ~ 大切な方と向き合えるひととき
ご遺体の安置

ようやく皆様が一番望まれていたご自宅に故人様と一緒に戻れます。(事情により斎場等の遺体安置所の場合はこの限りではありませんが)
病院を出発した時点で携帯電話をお持ちでしたらご自宅に一報をお入れ下さい。

自宅で準備される方は以下の事をご参考にしてください。

I.北枕になるように寝具を整えておきます
寝具は普段お使いになっていたものがよいでしょう。
北枕はお釈迦様がお亡くなりになった時、お顔は西・頭は北に向けていた事に由来致します。
北枕が無理な場合は、西に向けてご安置できるようにします。
こちらは西方浄土に向けてご安置するという意味があります。

II.ご遺体をご安置するお部屋の室温を調節しておきます
夏はクーラーを入れ、また冬は暖房を切り、できるだけ室温を下げておきます。

III.まだ故人の体温を確認していない方は、ここで確認してください。
末期の水の準備をし、まだされていない方はされてください。
皆さんが落ち着かれたら、故人様にドライアイスをあてます。
※ エンバーミングをされてから戻られた際は、ドライアイスをあてる事はございません。
  したがって布団に寝ている生前の様子に近い状態で故人様と向き合えます。

□エンバーミングとは?
ご遺体を消毒や保存処理、必要に応じて修復する事で長期保存を可能にする技法。
体内の血液や残留物を排出し、防腐剤を注入する。

□エンバーミングのメリット
・長期保存が可能になるため、ご火葬までに日が長く開いても大丈夫です。
・感染症や伝染病などの心配もないため、残された方とも安全にお別れできます。
・傷や表情の修復も致しますので、生前の元気な姿でお別れできます。

□エンバーミングのデメリット
・通常の安置より費用が掛かってしまいます。
・ご遺体の処置に数時間かかってしまいます。

IV.お線香をあげる準備をします。
ここは葬儀社にお任せください。
お客様にお願いしたい事は下記のものになります。

・コップや湯のみにお水、またはお茶を入れる。
・生前お使いになっていた茶碗にご飯を山盛りにし、真ん中にお使いになっていたお箸を立てる。
・団子を作って頂き、小さな皿に盛り付ける。 ※ご飯がない場合などは翌日の朝にします。

※浄土真宗はご飯や枕団子をお供えしません。
故人は阿弥陀如来のお慈悲のもと、亡くなってすぐ西方浄土に旅立たれたと考えるからです。
49日の間7日ごとに審判をうけながら最終的に仏様になるという考えをしません。
よって49日の旅に出ませんからご飯とお団子は必要ありません。
しかしそれでもお気持ちで…というならばお供えしてもいいと思います。

※屏風について
マナー本にはここで枕屏風を立てると書いてありますが、
東京で屏風をお持ちの方はほとんどいらっしゃいません。
屏風がある方だけ逆さにして(これも逆さごとです。)お立て下さい。

※枕花にお花がないと寂しいという方は、葬儀社に事前に伝えれば手配してくれます。

<< ご逝去後病院から帰宅まで                       葬儀の詳細打ち合わせ >>
0120-377-594
葬儀のお問合せ
葬儀総額見積書一覧

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All right reserved