通喪主が会葬者へ挨拶(あいさつ)する際のワンポイントアドバイスやあいさつ例をご紹介。

葬儀のお問合せ
葬儀プラン 生花のご注文
全国斎場ねっと / 葬儀お役立ち情報 / 喪主のあいさつ
<< 喪主の心構え・行動・役割  
喪主(遺族)のあいさつ
1.喪主(遺族)の出棺時あいさつ例

■ワンポイントアドバイス
1)最初に会葬のお礼
2)故人が生前お世話になったお礼
3)今後のお願い事
4)最後の締めの挨拶

は、必ず入れたいポイントです。
その内容の間に、

・故人の歴史
・闘病中の事、亡くなった経緯
・遺族の思い
を簡潔かつ素直に表現できればよいでしょう。

I.【最初に会葬のお礼】
「出棺に先立ちまして、ひとこと皆様にご挨拶を申し上げたいと思います。
 本日はお忙しいところ、◯◯の葬儀にご会葬・ご焼香賜り、誠にありがとうございました。
 また、天候の悪い中、最後までお見送りくださり、故人も感謝している事と思います。」

※【故人の歴史・亡くなった経歴】
「◯◯は、○○年○○月よりかねてからの◯◯病で入院し、
 その間苦しい治療にも頑張って闘ってきました。
 父をはじめ家族みんなで看病してまいりました。
 また入院中も沢山の方にお見舞に来て頂き、母もさぞかし心強かったかと思います。
 しかし懸命に看病してまいりましたが、
 ◯月◯日、家族が見守る中、静かに穏やかに息を引き取りました。」

II.【故人が生前お世話になったお礼】
「また生前中は皆様からの御厚情・御愛顧頂きまして、誠にありがとうございました。」

III.【今後のお願い事】
「残された家族は若輩者ではありますが、これから故人の意志に沿うよう努めていく所存でございます。
 皆様方には、故人との生前同様のおつきあいご指導を賜りますようお願い申しあげます。」

IV.【最後の締めの挨拶】
「簡単ではございますが、これをもちましてお礼にかえさせて頂きます。
 本日は、誠にありがとうございました。」

2.お通夜の時、僧侶が到着したら
「お忙しいところ早速おいで頂きましてありがとうございます。
 慣れない事で何かと不手際があると思いますが、どうぞよろしくお願い致します。」

3.通夜が終わり僧侶が帰る時
「本日はありがたいお経を頂き、ありがとうございました。
 明日の葬儀もどうぞよろしくお願い致します。」

4.通夜ぶるまい (状況により省略してもかまいません)
・始まり時
「本日はお忙しいところご会葬(お集まり)頂きましてありがとうございます。
 おかげ様で通夜の儀を滞りなく終える事が出来ました。
 ささやかではございますが、お食事を用意させて頂きましたので、
 故人の思い出話などお聞かせ下さいますよう、よろしくお願い致します。」

・終了時
「本日はお忙しいところ、ご会葬(お集まり)頂きましてありがとうございます。
 故人もさぞかし喜んでいる事と思います。
 この後は身内にて、慎ましく執り行いたいと思います。
 本日は本当にありがとうございました。」

5.葬儀に僧侶が到着したら
通夜と同様に出迎えます。
「昨日はありがとうございました。本日もどうぞよろしくお願い致します。」

6.精進落としの席
火葬が終わり遺骨を迎えると精進落としをします。
僧侶や親族・世話人などを酒・料理でもてなします。
「本日はお忙しいところ、○○の葬儀にご会葬、また最後までおつきあい頂きありがとうございました。
 お陰をもちまして、滞りなく葬儀を終える事ができました。
 ささやかではございますが、精進落としの席を設けましたので、
 どうかしばしおくつろぎ頂きますようお願い致します。本日は誠にありがとうございました。」

7.葬儀が終わり僧侶が帰る時
※ お礼とあわせ、49日の法要などを含めてのお願いをする事も忘れずに。
「本日もありがたいお経を頂き、ありがとうございました。
 おかげ様で滞りなく葬儀を終える事ができました。
 また49日の法要もございますが、その時はまた、どうぞよろしく願い致します。」

<< 喪主の心構え・行動・役割  
0120-377-594
葬儀のお問合せ
葬儀総額見積書一覧

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All right reserved